12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2017-03-14 (Tue)
porkjapchae1.jpg
Japchae (Korean sweet potato starch noodles) with Pork and Vegetables


韓国料理、チャプチェ。
サツマイモのデンプンを原料とした、唐麺(タンミョン)という麺

唐麺(タンミョン)は熱湯で5分茹で、ざるにあけてごま油で混ぜておく。
豚肉を先に炒めてフライパンから出し、スイートソイソースと混ぜ合わせておく。
ニンニクをフライパンで炒めて、玉ねぎ、人参を加えて火が通るまで炒める。最後にきゅうりを加える。いりごまをふりかける。

豚肉、野菜、唐麺を混ぜてお皿に盛って出来上がり。


porkjapchae2.jpg


プリプリしていて歯ざわりは糸こんにゃくのよう。
たまにアジアの味が恋しくなります。

「今日のビンテージ食器」
ゴマが入った器は、ファイヤーキングのコッパーティントのカスタードカップ。
1958年〜1971年まで製造。

グラスは、アンカーホッキングのリド・ミラノ・グリーンタンブラー。
1970年代製造。
| メイン&サイドディッシュ/エスニック料理 | COM(-) | TB(-) |
2017-03-12 (Sun)
mexicanflan1.jpg
Flan Mexicano /Mexican Flan


スペインからの影響のメキシコの代表的スイーツ、フラン。
日本のプリンよりも硬めで濃厚。

4〜6レメキンの分量で。
グラニュー糖と水でたっぷり目のカラメルソースを作って型の中に満遍なく入れ、固めておく。

エパポレートミルク(1缶)と牛乳(1カップ)をよく混ぜる。
ボウルで卵(3個)とグラニュー糖(1/3カップ)、バニラエッセンス(小1)を混ぜておく。
ミルクミックスと卵ミックスを混ぜ合わせる。

ミックスをレメキンの中に流し入れる。
レメキンを耐熱ガラスのキャセロールに並べ、熱いお湯をレメキンの半分以上になるまでキャセロールに流し入れる。
350℉(180℃)に熱しておいたオーブンに入れ、50分〜1時間焼く。

オーブンから出してしばらく熱湯の中でそのまま蒸らし、冷めたら冷蔵庫で数時間冷やす。
食べるときにレメキンから出していただく。


mexicanflan2.jpg

外食で口にするアメリカのケーキはどれも甘すぎで口に合わなかった頃(最近は随分と美味しいデザートに出会えるようになりましたが)、出会ったのがこのフラン。
メキシコ移民の多いシカゴでは、割とどこでもお目にかかれるこのフラン。店によって味もまちまちですが、美味しいのと出会えるととてもハッピーに。

元は家庭用のデザートなのでレシピもいろいろ。味もいろいろ。
コンデンスミルクを使うのが一般のようですが、以前それで作ったら甘すぎて(汗)。
クリームチーズを使う場合バージョンも試したが、それもちょっとくどくなる。もともとフランはプリンよりは濃厚なのでありますが。
なので、口に合うようにエバポレートミルクと牛乳、砂糖も減らしたレシピに落ち着いた次第。
エバポレートミルクが手に入らない場合は、普通の生クリームでも美味しくできます。

カラメルソースの濃さはお好みで。私は苦目が好きなのでかなり焦がしています。
カラメルソースはひっくり返したときお皿にたまるくらい。。。ってのがフラン風であります。

「今日のビンテージ食器」
お皿は、メキシコのミルクグラス、ターモクリサのブルーフラワー柄のケーキ(サラダ)プレート。

カップはコレールのスタッキングマグ。ウィンターフロストと呼ばれる白無地シリーズ。

| デザート/スイーツ | COM(-) | TB(-) |
2017-03-11 (Sat)
huevosrancherostostadas1.jpg
Huevos Rancheros Tostadas/Sunny Side Up Tostadas


トスターダとはメキシコ料理で、トルティーヤを揚げたり焼いたりしたもの。
ウエボス・ランチェロス、とスペイン語のこの料理は、パリッと焼いたトルティーヤの皮の上に卵を含めた具を乗せる、メキシコの農場での伝統的な朝食。
そんな目玉焼きトスターダをご紹介。

トルティーヤの両面にオリーブオイルを刷毛で塗り、オーブンでパリッとなるまで焼く。
ピンントビーンズ(うずら豆)の缶詰を水切りして温めたものをトルティーヤの上に乗せる。
その上に目玉焼き、アボカド、トマトとシアントロ(パクチー)を乗せ、ライムを絞る。食べるときに塩胡椒を。


huevosrancherostostadas2.jpg

豆は、リフライドビーンズが一般的ですが、ブラックビーンズやキドニービーンズを使うバリエーションもあり。
トマトの代わりにサルサソースにしたり、アボカドの代わりにワカモーレ(アボカドディップ)にしたり。
ウエボス・ランチェロスのウエボスは卵という意味。だから卵は必須。


huevosrancherostostadas3.jpg

メキシコの農場が発祥の地ですが、メキシコ移民の多いアメリカでも人気の朝食及びブランチメニュー。
かじると半熟の黄身がふわっと出てきて、パリッと焼いたトルティーヤといい相性になります。

「今日のビンテージ食器」
お皿は、コレールのバタフライゴールド・ディナープレート。
1960〜70年代のもの。

グラスは、アンカーホッキングのリド・ミラノ・クリンクルグラスタンブラー。
1970年代製造。



| 朝食/ブランチ/昼食/軽食 | COM(-) | TB(-) |
2017-03-09 (Thu)
wholeonionsoup1.jpg
Whole Onion Soup

丸ごと玉ねぎを使ったオニオンスープ。


IMG_5591.jpg

ホワイトオニオン(白玉ねぎ)使用。サラダで食べることの多い甘みのある玉ねぎ。

皮をむいて上下を平らに切って、鍋で17分蒸す。その後ふたをして1時間放置。
大きな鍋に出汁を入れて湯を沸かす。できればかつおだしで行きたいところだが、シカゴにないので粉末の日本出汁を使用。
水量に比べて出汁はかなり多めに入れる。
沸騰したら蒸した玉ねぎを入れて、一晩つけておく。


wholeonionsoup2.jpg


翌日、鍋にブイヨンを入れ、いちど強火で沸騰させた後中火で2時間、強めの弱火で2時間半煮込む。

スープと一緒によそって刻みパセリを散らして出来上がり。


wholeonionsoup3.jpg

シンプルな素材だけに、時間をかけました(といっても、放置なので楽です)。
おかげでトロトロかつしゃっきりな絶妙玉ねぎになります。

「17分蒸す」というのは、昔スマップの草なぎ君が美味しい玉ねぎ煮込みの作り方でそう言っていたから(笑)
15分でも20分でもなく、17分なんだなー、と笑。
それまでいきなり煮込んでいたのだけど、いちど前の晩に蒸して置いておくと、翌日味がしみやすい。
そしてできれば、煮込んださらに翌日の玉ねぎが最高に美味しいです。
草なぎ君、ありがとう(笑)
| スープ | COM(-) | TB(-) |
2017-03-08 (Wed)
linguinelemoncream1.jpg
Linguine alla Crema di Limone / Linguine with Lemon-Cream Sauce


カリフォルニアから届いた無農薬レモンを使い、レモンクリームのリングイネ。

レモンの皮を擦り、溶かし無塩バターとあえておく。レモンゼストは一人分でレモン半個分。
ボウルに生クリーム(一人分で大2)、レモン汁(半個分)、パスタの茹で汁少々、オリーブオイル少々、すり落としたパルミジャーノ・レッジャーノを加えて混ぜる。溶かしバターとレモンゼストも加える。レモンペッパーで味調整。

茹でたリングイネにクリームをあえ、さらにレモンゼストをお好みでふりかけて出来上がり。


linguinelemoncream2.jpg


シンプルで簡単で美味しいレモンクリームパスタ。
レモンの産地で有名なイタリアはアマルフィで生まれたというこの料理。クリーミーなのにレモンでさっぱり。
色目がシンプルなのでイタリアンパセリで作ったソースで飾り付けしております。




| メイン&サイドディッシュ/エスニック料理 | COM(-) | TB(-) |