123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2017-10-01 (Sun)
omelettewrice01.jpg
Japanese Omelette and Rice with Demi-Glace Sauce

以前載せたふわとろオムライスとは違ったバージョンのオムライス。
こちらもオムレツはふわとろなんですが。

デミグラスソース(4人分)
小麦粉(大2)を、フライパンできつね色になるまでから炒りして取り出しておく。
フライパンにバターを熱し、玉ねぎみじん切り(1/2個)を炒める。
玉ねぎがしんなりしたら、から炒りした小麦粉を加えて玉ねぎに絡める。
ウスターソース(ウスターシャーソース)(大3)、ケチャップ(大4)、赤ワイン(3/4カップ)、水(大3)を加え、弱火で15分煮る。煮えたらブレンダーに移してピューレにする。
アメリカのウスターソース(ウスターシャーソース)の代わりに、日本のウスターソースを使うときは、ケチャップの量を少なめに。

そしてチキンライス。
オリーブオイルで玉ねぎ、にんにくを炒め、鶏肉を加えて火を通す。
鶏肉に火が通ったら、マッシュルームを加え、炊いたご飯を混ぜる。ブイヨン、トマトケチャップを加える。
ケチャップが合わさったら、グリーンピースを加え、塩胡椒で味を整える。


omelettewrice02.jpg


お椀にチキンライスを入れて、大皿に山型に移しておく。冷えないようにオムレツ乗せるまではお椀をかぶせたまま。

オムレツを作る。
一人分で卵3個。ボウルで箸でほぐし、生クリームを少し足して混ぜる。ピンクソルトを少々。
フライパンに多めのバターを溶かす。底だけでなく、縁にもバターを回す。
バターが溶けたら、一気に卵を入れて、箸で円を描くように素早くかき混ぜながら温める。
半熟で固まってきたら火から下ろす。 しばらく余熱のまま置いておく。
卵の底が固まって剥がれそうになってきたら、そっと崩れないように、チキンライスの上にかぶせる。

卵の上から暖かいデミグラスソースをかけ、生クリームを少し落として、イタリアンパセリ(普通のパセリでも)を飾って出来上がり。


omelettewrice03.jpg


卵は半熟状態なのでフワッフワ。
ただ柔らかいので、卵を崩さずに乗せるところが一番難しかったりして。最後に失敗しないためにも、気を抜かずに(笑)
ライスを包み込むオムライスも美味しいですが、半熟卵ファンにはこのお山型をおすすめ。
バターの香の卵、最高です。卵でバターを使うので、チキンライスはオリーブオイルにしています。

自家製デミグラスソースも相性バッチリです。

「今日のビンテージ食器」
緑のグラスは、アンカーホッキングのリド・ミラノのグリーンタンブラー。
1970年代製造。

ぶどうの入った器は、ファイヤーキングのワンハンドルキャセロールのミルクホワイト。
スープ/シリアルボウルにハンドルが付いたもの。
1960年代中期~1970年代中後期製造。
スポンサーサイト
| メイン&サイドディッシュ/エスニック料理 | COM(-) | TB(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。