123456789101112131415161718192021222324252627282930
2017-07-25 (Tue)
pizzaprosciutoarugula1.jpg
Pizza prosciutto crudo, rucola e parmigiano/Pizza Bianca with Prosciutto, Arugula, and Parmigiano


シンプルピザの定番。
生ハム、ルッコラ、パルミジャーノのピザ。
シンプルなピザほど生地が大事。

(ピザ生地の作り方)28cm1枚分。
ボウルに小麦粉(2カップ)、コーンスターチ(片栗粉、大2)、ドライイースト(小2)、塩少々を混ぜ合わせる。
ぬるま湯(3/4カップ。105-115℉ 40-45℃)とオリーブオイル(大2)をボウルに注ぎ、かき混ぜる。
水分が馴染んだら手で生地をこねる。ボウルに付いた粉も生地にまとめる。
まとまった生地を表面がなめらかになるまで打ち付ける。10回打って、1回丸める。。。を繰り返す。

打ち付けた生地を丸く整えてボウルに入れ、濡れ布巾を被してラップをして常温で2時間放置(一次発酵) する。
冬と夏は室温が違うので、冬は長めに。夏は短めでも大丈夫。

発酵した生地をラップを敷いた台の上で、手の平で押しながらガス抜きする。
生地を再度丸め、濡れ布巾を被して常温で20分程放置(二次発酵)する。


pizzaprosciuttoarugula2.jpg


生地を発酵させている間に、オーブンを550℉(290℃)に暖めておく。
この温度になるには、1時間必要です。

発酵した生地を直径28cmの円形に伸ばす。
生地の上におろしたパルミジャーノとモッツアレラを敷き詰める。オリーブオイル、ピンクソルトを適宜ふりかける。
暖めたオーブンで10分、焦げ目がつくまで焼く。

ルッコラとオリーブオイル、レモン汁、塩こしょうをボウルで合わせておく。
焼けたピザ生地の上に、たっぷりのルッコラと生ハムを乗せ、最後にパルミジャーノのスライスを乗せて出来上がり。


pizzaprosciuttoarugula3.jpg


一番飽きないこのピザ、大好物です。
ピザ生地は冬よりも夏の方が発酵がうまくいき、美味しくできるような気がします。
生地は二次発酵の後、冷蔵庫で冷やしておくのも可能。3日くらい持つので、前の日に生地だけ作っておくのも準備に楽。

ピザ釜がなくても、十分美味しいピザができる。だいたい、きちんとしたピザ釜で作っている店の方が少ないですからね、家で作る方が美味しかったりします。
いかにもアメリカ的なピザが苦手なので(昔はよく食べてましたが、最近ダメになりましたね。。。)、やはり欲するのはイタリアンなピザです。
スポンサーサイト
| メイン&サイドディッシュ/エスニック料理 | COM(-) | TB(-) |