123456789101112131415161718192021222324252627282930
2017-06-14 (Wed)
mintchocochipice1.jpg
Mint Chocolate Chip Ice Cream


涼しい味が欲しい夏。
ミントチョコレートチップ・アイスクリーム。

家のミントがどんどん葉をつけて茂りはじめたので、それを大量に使った。
鍋に牛乳(1カップ)と生クリーム(1カップ)、ミントの葉(2カップ)を入れて、沸騰させないように温める。グツグツしはじめたら火を消して、蓋をしたまま30分置く。30分経ったらまた同じように火にかけてグツグツさせ、火を消したらさらに15分置く。

時間が経ったら、ミントの葉をスパーチュラで押しながら牛乳液を漉す。


mintchocochipice2.jpg


液を鍋に戻し、砂糖(1/3カップ)を加え、新たに生クリーム(2カップ)を加えて沸騰させないように温める。
ボウルに卵黄(3個)を泡立て器で白っぽくなるまで泡立てる。
ボウルの卵黄駅に、温めた牛乳液の1/3をゆっくり入れてかき混ぜ、その液をまた鍋に戻して温める。木べらでゆっくり弱火で10分ほど、トロッとしてくるまでかき混ぜる。

トロッとしてきたら火からおろして冷ます。
冷めたら器に入れて冷凍庫で固める。
固まってきたら、刻んだチョコレートを混ぜ合わせる。


mintchocochipice3.jpg


1時間に一度、空気を入れてかき混ぜる。それを数回繰り返す。
4〜5時間すると、程よく固まってくる。

これで4人分くらいの量ができる。
一人分で1/2カップぎっしりの生ミントの葉を使っているけれど、ほんのり緑になる程度。写真では分かりづらいけれど、ほんのり緑にはなっています(笑)
自分で作ってみると、どれだけ市販のミントチョコアイスのあの色が、人工的な色かとよくわかる。どんなに大量にミントを入れても、あんな色にはなりませんね(笑)
色はそこまででないけれど、香りは十分すぎるくらいにミント!
ぜひホームメイドのヘルシーなミントチョコアイスをお試しください。
チョコレートの甘さがあるので、砂糖の使用量を少なめにしていますが、そこらへんはお好みで。

「今日のビンテージ食器」
緑のカップは、アンカーホッキング社のフォレストグリーンのパンチボウルのカップ。
1950年代製造。

ソーサーは、リムにゴールドが施された、ファイヤーキングスワールシリーズのゴールドトリム、アニバーサリーのカップ&ソーサーのソーサー。ゴールドは22K。
1950年代中期〜1950年代後期製造。


スポンサーサイト
| 冷製デザート | COM(-) | TB(-) |