123456789101112131415161718192021222324252627282930
2017-06-08 (Thu)
paodequijo1.jpg
Pão de Queijo


ポン・デ・ケイジョ。ブラジルのパン。 ポルトガル語で、「チーズパン」の意味。
小麦粉ではなく、キャッサバ粉を使うのがこのパンの特徴。だけどシカゴでキャッサバ粉は手に入らないので、似ているタピオカ粉で作ってみた。



paodequeijo2.jpg


約50個くらいの分量。
オーブンを450℉(230℃)に暖めておく。
鍋に、牛乳(1カップ)と生クリーム(大2)、オリーブオイル(1/2カップ)、塩(小1)を入れて温め、ブクブクしてきたら火から下ろす。
鍋にタピオカ粉(2カップ)を入れて、粉気がなくなるまで混ぜる。

ボウルに生地を移し、卵(2個)を入れて泡立て器で混ぜる。すりおろしたチェダーチーズ(ハードチーズなら何でも)(1&1/2カップ)を加えてさらに混ぜ合わせる。

ボウルに水を入れて用意する。
スプーンで大さじ1杯くらいの生地をすくい、一度ボウルの水にくぐらし、ベーキングシートに丸めたものを1cmくらい離して並べる。

オーブン温度を350℉(176℃)に落とし、約15分焼く。


paodequeijo3.jpg


小麦粉のパンと違い、でんぷん特有のモチモチとした食感が特徴のポン・デ・ケイジョ。
ブラジルでは、パン屋だけでなく空港や駅でも売っているパンだとか。
小さくて丸くて食べやすく、お手軽なスナック。
グルテンフリーなので、アメリカでも健康食として最近注目されているブラジル産のパンです。

「今日のビンテージ食器」
お皿は、コレールのバタフライゴールド、デザートプレート。

オレンジジュースのグラスは、ヘーゼルアトラス社のサワークリームグラス。
ミッドセンチュリーのポップさが可愛い。1960年代製造。
スポンサーサイト
| パン/スコーン/マフィンetc. | COM(-) | TB(-) |