2017-05-18 (Thu)
zucchiniribbonblentil1.jpg
Zucchini Ribbon Salad with Black Lentils and Edamame


黒レンズ豆と枝豆入り、ズッキーニのリボンサラダ。

いよいよ夏野菜、サマースクワッシュとも呼ばれるズッキーニの季節。

ズッキーニは火を通した料理が多いけれど、生のままでも食べられるのです。サラダにすると美味しい。
黄色と緑のズッキーニを、ピーラーで薄くリボン状にし、塩を軽くかけておく。

枝豆と黒レンズ豆は茹でておく。
黒レンズ豆はとても小さいので、量にもよるが小1時間ほど水につけた後煮ると、15〜20分で柔らかくなる。


zucchiniribbonblentil2.jpg


ズッキーニの塩を水で洗い流し、水気を取る。
ズッキーニリボンと枝豆と黒レンズ豆を合わせて出来上がり。

ドレッシングは、ホワイトビネガー、マヨネーズ、すりごま、ハチミツを合わせたもの。


zucchiniribbonblentil3.jpg


レンズ豆の中でも黒レンズ豆はちょっと珍しい。
まるでキャビアのように見えるが、豆です。

枝豆やレンズ豆のタンパク質は良質。日常的に意識して摂取したい栄養素です。

「今日のビンテージ食器」
お皿は、アンカーホッキング社のウラングラスでできたプリンセスグリーンプレート。八角系でエッチング模様は、大恐慌時代に人気のあったデザイン。
ウラングラスの特徴は、真っ暗闇の中で紫外線ランプ(ブラックライト)で照らすと、綺麗な緑の蛍光色に光るのです。
1930年代製造。

緑のガラスのカップは、アンカーホッキングのカメオ・バレリーナのカップ。グリーンのウラングラス。
ディプレッショングラスの代表格。
1930年代初期製造。

ドレッシングの白いソーサーは、フランス、アルコパルのヴェロニカパターンのミルクグラスソーサー。
スポンサーサイト
| サラダ/前菜 | COM(-) | TB(-) |