123456789101112131415161718192021222324252627282930
2017-05-07 (Sun)
applehashbrown1.jpg
Apple Hash Browns

ブラットワースト(ソーセージ)とリンゴ入りハッシュブラウン。ザワークラウト添え。
ブラットワーストがメインのようになっていますが、このソーセージはデリで買ってきたもので自家製ではございません。あとはマスタード以外、全部自家製。

リンゴ入りハッシュブラウン。
サイコロ切りにした新じゃがを皮付きのままボイルする。
フライバンでバターを炒め、玉ねぎ、リンゴを入れて炒め、リンゴに火が通ったら、ボイルしたジャガイモを入れ、塩胡椒。両面焦げ目がつくまで焼く。

買ってきたブラットワーストはビール風味。
オーブンで片面10分ずつ、合計20分焼く。旨味のジュースを逃さないために、ソーセージの皮には穴を開けないように気をつける。


sauerkrauppickles.jpg

付け合わせの自家製ザワークラウトとピクルス。
ザワークラウトの作り方は↑一つ前の記事に。


applehashbrown3.jpg


リンゴ入りハッシュブラウンの上にブラットウースト、ザワークラウトを添えてドイツ料理の出来上がり。
ドイツ料理って特集するほど種類がないので有名ですね(笑)。実際ドイツに行った時も、「ドイツ料理」となるとソーセージ、ビヤホールでもソーセージ。そしてどこでもザワークラウト。

先日キャベツが余ったのでザワークラウトを作ったのですが、そのザワークラウトを食べるためにブラットウーストが必要になった。。。という次第。
肉は健康に悪いということはなく(なんでも過剰摂取は良くありませんが)、動物性タンパク質は体に必要。そんな欲求を満たしてくれる、ガツンと肉のドイツ料理。ソーセージを食べると、酸味の効いたザワークラウトが必要なんだな、とこの黄金コンビ(?)に納得がいきます。

「今日のビンテージ食器」
オーバル型のお皿は、ファイヤーキングのスワール、オーバルプラッターのアイボリー。
1940年〜1950年代初期製造。

グラスは、リビー(Libbey)社のカントリーガーデン(Country Garden)と呼ばれるデザインのタンブラー。
デイジーの花がモチーフなので、通称デイジーグラスとも。
1970年代製造。 

マスタードのカップは、ヘーゼルアトラス社のオーチャード・クリスタル・スナックセットのカップ。
レトロなビーズデザイン。
1950年代製造。
スポンサーサイト
| メイン&サイドディッシュ/エスニック料理 | COM(-) | TB(-) |