2017-04-28 (Fri)
greenradishdaikonsalad1.jpg
Green Radish-Daikon-Radish Salad


中国原産の青長大根、日本の白い大根、そしてアメリカのラディッシュの、和洋中・三種の大根サラダ。

中国の青長大根は名前の通り緑色で、下の部分がちょっと白い。
緑の部分は中も鮮やかな緑。見た目は、緑の部分が苦味が強そうだけれど逆で、緑の部分が甘みが多く、白い方が苦味が強い。
中華料理では、青長大根のスープとか炒め物に使われるのだけれど、「実は生でも甘い」と聞いてサラダに。火を通すと緑の部分が色褪せちゃうし、アミラーゼが加熱で失われちゃうのでもったいない。こんな綺麗な緑、生で食べなきゃもったいない。でも、中国人は絶対に野菜に火を通すので、この食べ方はチャイナタウンや中国ではお目にかかれません。

青長大根、大根、ラディッシュを薄切りにして、人参をリボン切り、そしてカリカリに焼いたニンニクを乗せて出来上がり。
ドレッシングは、すりゴマにマヨネーズ、はちみつ、酢の胡麻ドレッシング。


greenradishdaikonsalad2.jpg

日本の青首大根とは違います。名前が似てるけれどね。
青長大根、緑の部分で大根おろしにすると、当たり前だが綺麗な緑の大根おろしになる。料理によっては彩が生える。

この青長大根、シカゴでは普通のスーパーでは売られていない。日本の大根も売られていない。
青長大根と日式大根(中国語)はチャイナタウンでゲット。
そういえば、ラディッシュって大根の仲間では一番小さな種類なのだとか。こちらの野菜って何もかも大きくて。。。ってイメージですが、大根に関しては小さくて一番可愛らしい。日中の大根がデーンと大きな輪切りになっております。


greenradishpickles.jpg

青長大根のピクルスも作りました。これも美味しい!

「今日のビンテージ食器」
オーバル型のお皿は、ファイヤーキングのスワール、オーバルプラッターのアイボリー。
1940年〜1950年代初期製造。

緑のガラスのカップは、アンカーホッキングのカメオ・バレリーナのカップ。グリーン。
ディプレッショングラスの代表格。
1930年代初期製造。

ドレッシングの白いソーサーは、フランス、アルコパルのヴェロニカパターンのミルクグラスソーサー。
スポンサーサイト
| サラダ | COM(-) | TB(-) |