123456789101112131415161718192021222324252627282930
2017-09-28 (Thu)
farrorisottomushrooms1.jpg
Farro Risotto with Mushrooms and Broccoli

お米の代わりにファロを使ったリゾット。ファロとはスペルト小麦種の古来穀物。
キノコとブロッコリのファロリゾット。

2人分の分量。
ファロ(1/2カップ)は水洗いする。鍋にオリーブオイルを入れて洗ったファロを数分炒め、塩胡椒。水(1&1/2カップ)とブイヨンを入れて最初は強火、煮立ったら火を弱めて煮る。水が少なくなってきたら火を消して蓋をしたまま蒸しておく。


farrorisottomushrooms2.jpg


フライパンにバターでニンニク、玉ねぎみじん切り、マッシュルームを炒める。塩で味調整。
ブロッコリは茹でる。

調理したファロにマッシュルーム、玉ねぎ、ブロッコリを合わせる。
器に盛り付けたら、パルジャミーノレッジャーノの薄切りとイタリアンパセリを乗せて出来上がり。


farrorisottomushrooms3.jpg


最近ハマってよく食べているファロ。
お米の代わりにファロでリゾットにしたら、あら美味しい。噛みがいのある雑穀なので、歯ごたえもいい。

ファロは健康にもいいので、超おすすめです。

「今日のビンテージ食器」
水のグラスは、アンカーホッキングのリド・ミラノシリーズのボールカップ。アンバー色。
クシャッとしたしわのデザインで、まん丸な形の可愛いグラス。
1960年大製造。
スポンサーサイト
| メイン&サイドディッシュ/エスニック料理 | COM(-) | TB(-) |
2017-09-25 (Mon)
grapefruitcouscoussalad2.jpg
Ruby Red Grapefruit and Couscous Salad


ルビーレッドと呼ばれる、サーモンピンクのグレープフルーツ。
時々、何も考えずに冷蔵庫や冷凍庫に入っているものを組み合わせて適当に作り、それがヒットだったりすると嬉しくなる。
これもその一つ。

グリーンは、ベビーほうれん草、レタスなど数種類。
ピンクグレープフルーツは皮をむく。
トウモロコシと枝豆は茹でる。
クスクスも茹でて、塩少々入れて蒸しておく。


grapefruitcouscoussalad1.jpg


ボウルで全ての具材を合わせるだけ。
味の組み合わせも良かったのですが、このサラダのポイントは食感。旬のプチプチのトウモロコシと枝豆が、柔らかい果肉のグレープフルーツと対照的でとてもいい。トウモロコシの甘さもグー。
「つなぎ」のクスクスの塩分で、ドレッシングも必要なし。

シカゴのある中西部はトウモロコシ畑だらけ。おかげで新鮮なトウモロコシが夏の間中食べられる。
アメリカはコーンのイメージだけど、本当、そのまんま。
そういえば日本では、皮とか取って半分にカットされてパックされてトウモロコシ売られてましたね。アメリカは何重もの皮付きなのでゴミもたくさん出る。ヒゲもキッチンの床にたくさん落ちる。。。
だけど、このトウモロコシの美味しさは缶詰とは比較にならない。皮付きトウモロコシが山積みで売られる季節は、出るゴミを厭わず楽しみたいです。

「今日のビンテージ食器」
ボウルは、パイレックスのバタープリント/アーミッシュ柄のミキシングボウル。
手前が中サイズ。
1920年代〜1980年代製造。


| サラダ | COM(-) | TB(-) |
2017-09-22 (Fri)
spaghettiwsardinebread1.jpg
Spaghetti with Sardines, Bread Crumbs and Capers


イワシとパン粉のスパゲティ。
生の新鮮なイワシはシカゴでは手に入らないので、イワシのオイル漬け(塩なし)缶詰使用。

硬くなったバゲットをブレンダーで細かくしてパン粉に。他のパンでも可。

2人分分量。
フライパンでパン粉(1/4カップ)、乾燥バジル、ピンクソルト少々を加えてきつね色になるまでから炒り。取り出しておく。

フライパンにオリーブオイルで玉ねぎみじん切り(1/2個)、ニンニクを炒める。
イワシの缶詰(一缶)とレモン汁(大1)、ピンクソルトを加える。

茹で上がったスパゲティをイワシに和える。
水分が足りなかったら茹で汁を少し加える。ケイパー(大1)を加える。



spaghettiwsardnebread2.jpg


器に盛って、炒ったブレッドクラム(パン粉)をたっぷりふりかけ、イタリアンパセリを飾って出来上がり。
さらにレモンを絞っていただきます。

塩分抜きのイワシなので、アンチョビーのように塩辛くない。
新鮮なイワシが手に入る日本なら、生のイワシで作りたい一品。

美味しくて栄養価の高いイワシがとても安い日本、いいですよねえ。イワシの丸干しとか丸かじりしたいです(笑)
| メイン&サイドディッシュ/エスニック料理 | COM(-) | TB(-) |
2017-09-20 (Wed)
carrotredlentilsoup1.jpg
Carrot-Red Lentil Soup


オレンジ+オレンジの組み合わせ。人参と赤レンズ豆のスープ。

鍋にオリーブオイルで玉ねぎ、セロリ、にんにくを炒める。火が通ったら人参、ローリエを加える。塩胡椒。
野菜ストック(または水とブイヨン)を入れて野菜を煮込む。
人参が柔らかくなったらブレンダーに移してピューレにする。
ピューレをまた鍋に戻す。


carrotredlentilsoup2.jpg


鍋のピューレに、水で洗った赤レンズ豆を入れて15分煮る。ピンクソルトで味調整。
レンズ豆に火が通ったら火から下ろす。
器に盛って、ヨーグルトでガーニッシュ。イタリアンパセリを飾って出来上がり。


carrotredlentilsoup3.jpg


レンズ豆の中でも小さな赤レンズ。
水で戻す必要がないので調理に楽。
長く火にかけるとすぐ煮崩れして色も落ちてしまうので、ツブツブ感を味わうなら最後に入れて煮込むのをおすすめ。

高たんぱく質低カロリーの赤レンズ豆。
風邪をちょっとひいていたのですが、これで体力持ち直した。野菜豆スープ、侮れない。

「今日のビンテージ食器」
カップはオールドパイレックスのミルクグラス。バタフライゴールド・カップ。
1960〜1970年代製造。

ソーサーは、コレールの同じくバタフライゴールドパターン。
1970年代製造。
| スープ(温) | COM(-) | TB(-) |
2017-09-15 (Fri)
chickendrumstickcurry1.jpg
Indian Chicken Drumstick Curry with Chickpeas

鶏肉とひよこ豆のインドカレー。

ひよこ豆(乾燥)は一晩水につけておく。
鶏肉は水で洗い塩胡椒、ヨーグルト(1カップ)に1時間ほどつけておく。


chickendrumstickcurry2.jpg


大きめの鍋にオリーブオイルで玉ねぎを炒める。10分炒めて柔らかくなってきたらニンニク、生姜、ピンクソルト、胡椒、クミンパウダー(小1)、コリアンダーパウダー(小1)、ガラムマサラ(小1)、シナモンパウダー(小1/2)、ベイリーフ(ローリエ)、カイエンペッパー(少々)を加えて絡める。
トマト缶(1)、ひよこ豆、水を加える。

鶏肉をヨーグルトごと鍋に入れて、45分ほど鶏肉が柔らかくなるまで煮込む。

鶏肉に火が通ったら、バスマティライスに添えてパクチー(香草)を振りかけて出来上がり。


chickendrumstickcurry3.jpg


骨つき肉の方がいい出汁が出るので、ドラムスティックを使用。
翌日、翌々日には自然に骨から肉が剥がれてくれる。
香りのいいバスマティライスは食欲をそそう。スパイシーなインドカレーは季節に関係なく食べられる一品ですね。

「今日のビンテージ食器」
パクチーが入った器は、ファイヤーキングのコッパーティントのカスタードカップ。
1958年〜1971年まで製造。

花器にしているグラスは、アンカーホッキングのリド・ミラノシリーズのボールカップ。アンバー色。
クシャッとしたしわのデザインで、まん丸な形の可愛いグラス。
1960年大製造。

水のグラスはアンカーホッキングのリド・ミラノのアンバータンブラー。
1970年代製造。
| メイン&サイドディッシュ/エスニック料理 | COM(-) | TB(-) |
2017-09-11 (Mon)
carrotplumsalad1.jpg
Rainbow Carrot Salad with Peaches and Plums


ピーチ、プラム入りレインボーキャロットのリボンサラダ。

もうすっかり秋模様のシカゴですが、最後夏色を感じるために、夏色サラダ。

レインボーキャロット(オレンジと黄色)はピーラーでリボン状に。
ピーチとレッドプラム、そして色とりどりのチェリートマトで色鮮やかに。
グリーンは、レタス、ベビーほうれん草、ルッコラなど。


carrotplumsalad2.jpg


プラム類が熟して美味しい季節。サラダに入れてたくさん食べたい。
黄色い人参は甘みがあって、色も明るくて綺麗。
サラダは栄養価とともに色も楽しみたいですね。

すっかり秋になってしまう前に、ビタミンカラー。

「今日のビンテージ食器」
ボウルは、パイレックスのバタープリント/アーミッシュ柄のミキシングボウル。小サイズ。
1920年代〜1980年代製造。
| サラダ | COM(-) | TB(-) |
2017-09-08 (Fri)
salmoncouscous1.jpg
Glazed Salmon with Couscous


サーモンとクスクス料理。
ステーキ用のサーモンの切り身を平らな陽気で、レモン汁、醤油、味噌、ブラウンシュガー、白ワインを混ぜ合わせた液に30分浸しておく。
アルミホイルに包み、オーブンで汁ごと焼く。

クスクスを茹でて鍋で蒸しておく。
フライパンでニンニクと輪切りのズッキーニを炒める。
クスクスにズッキーニと茹でたトウモロコシを混ぜ合わせてピンクソルトで味調整。

クスクスの上に、焼けたサーモンをのせて出来上がり。


salmoncouscous2.jpg


北アフリカから中東にかけての主食、クスクス。
お米やパスタよりも軽く、調理しやすい。

すでに夜はかなり涼しくて、秋物が必要なシカゴでありますが、まだまだ夏野菜が元気です。
ズッキーニにトウモロコシ。8月ですもの、まだ食では夏を楽しみたいです。

「今日のビンテージ食器」
水を入れたグラスは、アンカーホッキングのリド・ミラノ・グリーンのタンブラー。
ボコボコしたデザインで手触りが特徴のシリーズ。
1960年代製造。
| メイン&サイドディッシュ/エスニック料理 | COM(-) | TB(-) |
2017-09-06 (Wed)
capresesandwich1.jpg
Mozzarella Grilled Cheese


アメリカのサンドイッチの定番、グリルドチーズ。
イタリア風に、モッツァレラチーズを使ったバージョン。

パンの外側片面にバターを塗る。
中にアボカド、モッツァレラチーズ、トマトの輪切りを挟み、熱したフライパンで両面焼く。

モッツァレラがとろりと溶けてきたら、バジルの葉を乗せて出来上がり。


capresesandwich2.jpg


モッツアレラ、厚みに切ったのでたっぷりしたサンドイッチ。
だけどさっぱりしたチーズなのでしつこくありません。
アボカドも少しとろけて、とても美味しいホットサンドイッチです。

「今日のビンテージ食器」
お皿は、コーニング社コレールのスプリングブロッサムシリーズのディナープレート。
1970年代製造。

カップ&ソーサーもお揃い。コレールのスプリングブロッサム、クレイジーデイジー・オープンハンドル カップ&ソーサー。
1970年代製造。
| 朝食/ブランチ/昼食 | COM(-) | TB(-) |
2017-09-01 (Fri)
spaghettiprosciuttoarugula1.jpg
Spaghetti in Arugula-Pine nut Pesto and Prosciutto.


ブレンダーで、ルッコラ、松の実、カシューナッツ、レモン汁、パルミジャーノ、オリーブオイル、ピンクソルト、胡椒でペーストを作る。

茹でたスパゲティにペーストを絡め、ちぎった生ハム、ルッコラの葉、松の実を混ぜ、最後におろしたパルミジャーノを振りかけて出来上がり。
さらにお好みでレモンを絞っていただきます。


spaghettiprosciuttoarugula2.jpg


生ハムの塩分が高いので、ペーストの塩加減は調整を。
ナッツは松の実とカシューナッツ半々にしてみました。

たまには定番パスタ、いいですよね。レモン味でさっぱり。
| メイン&サイドディッシュ/エスニック料理 | COM(-) | TB(-) |