12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2017-08-31 (Thu)
chilledpumpkintomatosoup1.jpg
Chilled Layered Pumpkin-Tomato Soup

かぼちゃとトマトの、2層冷製スープ。

かぼちゃは皮をむいて種を取り、オーブンでローストして少し柔らかくしておく。
鍋にニンニク、玉ねぎを炒め、柔らかくなったら水とブイヨンを入れる。柔らかくなったかぼちゃを加え、煮る。
シナモンパウダー、パプリカ(野菜ではなくて、スパイス)を少々加える。
煮えたらブレンダーでピューレにし、ピンクソルトで味調整。


chilledpumpkintomatosoup2.jpg


新たに鍋で、ニンニク、玉ねぎを炒め、火が通ったらトマト缶を加える。タイム、バジルを加える。
火が通って柔らかくなったら塩胡椒。ブレンダーに移してピューレにする。

かぼちゃスープもトマトスープも、できたら冷蔵庫に入れて冷やしておく。

冷えたら、ガラスの器にまずトマトスープを入れる。
次に、トマトスープと混ざらないように、ゆっくりとかぼちゃスープを流し入れて2層にする。


chilledpumpkintomatosoup3.jpg


飾りに、きゅうりのリボンとタイムの葉を飾って出来上がり。

冷製のかぼちゃスープもトマトスープも美味しい。
かぼちゃとトマトを混ぜ合わせたスープも美味しい。
だけどあえて2層に。食べるときに、それぞれのかぼちゃとトマトの味が口の中で混ざり合うと、それはそれは美味しい。
かぼちゃの甘みとトマト酸味。
色も、夏らしいビタミンカラーの2色です。

「今日のビンテージ食器」
ソーサーは、リムにゴールドが施された、ファイヤーキングスワールシリーズのゴールドトリム、アニバーサリーのカップ&ソーサーのソーサー。ゴールドは22K。
1950年代中期〜1950年代後期製造。
スポンサーサイト
| スープ(冷製) | COM(-) | TB(-) |
2017-08-28 (Mon)
watermeloncornsalad1.jpg
Watermelon-Grape Salad with Corn


夏が終わる前に、夏らしいスイカとトウモロコシのサラダ。

スイカをメロンボーラーで丸くくり抜く。
トウモロコシは茹でて削ぎ落とし、冷やしておく。


watermeloncornsalad2.jpg


くりぬいたスイカ、トウモロコシ、種無しブドウ、キーウイフルーツ、ミントの葉を混ぜて出来上がり。

トウモロコシを混ぜるととても美味しいフルーツサラダ。


watermeloncornsalad3.jpg


スイカの赤は夏サラダにぜひ使いたい色。
トウモロコシも甘くて美味しい季節です。

「ビンテージ食器」
ボウルは、ファイヤーキング、ジェダイのバターボウル。
1951年〜1960年代製造。
| サラダ | COM(-) | TB(-) |
2017-08-27 (Sun)
costaricantilapia1.jpg
Costa Rican Style Fish and Black Beans and Rice


カリブの国、コスタリカ風白身魚とブラックビーンライス。

平らな器にライムの絞り汁(大1)、オレンジの絞り汁(大2)、オリーブオイル(大1)、シラントロ(パクチー)の葉、にんにく、ブラウンシュガー(少々)、塩胡椒を混ぜたタレを入れる。その中で白身魚(ティラピア使用)によくタレをかけ、冷蔵庫で数時間マリネする。


costaricantilapia2.jpg


400℉(200℃)に温めたオーブンで、アルミホイルに包んだマリネした魚を汁ごと、約15分焼く。
焼けたら出しておく。完全に火を通さなくても後で再度温めるので大丈夫。

炊いたライス(長粒米)にブラックビーンズ(缶詰。水を切って洗っておく)、ライムの絞り汁、シラントロの葉を加えて混ぜる。

トマト(ダイス状にカット)、玉ねぎ(みじん切り)、赤パプリカ(ダイス状にカット)、ハラペーニョ、クミンパウダー(少々)、塩胡椒(適宜)、ライムの絞り汁をボウルで混ぜて、簡単トマトサルサソースを作る。

耐熱容器にブラックビーンズライスを入れ、その上にサルサソース、一番上に白身魚を置いて、ライムの輪切りを乗せ、同じ温度のオーブンで10分温める。


costaricantilapia3.jpg


ご飯をサルサソースとよく混ぜて、白身魚を添えて出来上がり。

本来コスタリカ風のブラックビーンズライスには、パイナップルも入るのですが、私はパイナップルご飯は苦手なので外しました。お好きな方は入れてください。

ライム、クミンパウダーの風味がとてもカリビアン。
さっぱりとしたブラックビーンライスも魚によく合います。

「今日のビンテージ食器」
オーバル型のキャセロールは、ファイヤーキングのメドウグリーン。
1967年〜1977年に製造されたもの。
| メイン&サイドディッシュ/エスニック料理 | COM(-) | TB(-) |
2017-08-24 (Thu)
beannoodlecarrotsalad1.jpg
Bean Noodle Salad with Pickled Vegetables and Peanuts


ピクルスにした人参ときゅうり入りの緑豆ヌードルサラダ。
麺は、タイのサラダに使われるプリプリとした食感の緑豆ヌードル。なければ日本の春雨で代用を。
茹でたら冷水で流しておく。

人参はリボン状に、きゅうりは輪切り。甘酢に1日つけておく。
茹で上がった緑豆ヌードル、甘酢漬けの人参ときゅうり、その酢も少々混ぜる。
ナンプラーを味見しながら好みの塩分まで入れる。結構たっぷり入れた方が美味しい。
ライムの絞り汁、パクチーの葉、ピーナッツを混ぜて出来上がり。


beannoodlecarrotsalad2.jpg


アジアによくある緑豆ヌードルのサラダ。
人参などのなますと合わせるととても美味しい。
たんぱく質豊富なピーナッツを入れると栄養価もバッチリ。
さっぱりした夏向きサラダです。

「今日のビンテージ食器」
お皿は、フランスのアルコロック社の、コバルトブルー・ディナープレート。
1970年代製造。

ピーナッツを入れたカップは、ヘーゼルアトラス社の、カプリ・シーシェル・スナックセットのブルーのカップ。
1960年代製造。
| サラダ | COM(-) | TB(-) |
2017-08-22 (Tue)
watermelonbananaslush2.jpg
Watermelon Banana Slush


スイカとバナナのスラッシュ。
スラッシュとはアメリカの、かき氷とスムージーの間の冷製デザート。


watermelonbananaslush1.jpg


スイカはくりぬいて、あらかじめ冷凍しておく。種は取っておく。

よそう前に、器は冷凍庫で冷やしておく。

冷凍したスイカ、バナナ、レモン汁をブレンダーでかき混ぜる。
スイカ2カップにバナナ1本くらいの割合。

回しながら、少しずつココナッツジュースを入れて固さを調整。
ちょうどいい柔らかさになったら器に盛る。


watermelonbananaslush3.jpg


アメリカには日本のようなかき氷がない。かき氷の代わりにスラッシュ。
バナナがいい感じに甘みを足してくれるこのコンビネーションが好き。
蒸し暑いとき向きの冷製デザートです。
| 冷製デザート | COM(-) | TB(-) |
2017-08-20 (Sun)
zucchinicarrotnoodlesalad2.jpg
Zucchini Noodle Salad


ズッキーニを麺のように細長く切ったものを「ズッキーニヌードル」と呼び、ベジタリアンの間では人気のメニューの一つです。

ズッキーニは細長く切る。私は手持ちのチーズグレーターを利用。
同じように人参も細長く切る。 少々のピンクソルトで和えておく。

チェリートマトと茹でた枝豆をズッキーニ&人参ヌードルに混ぜて出来上がり。


zucchinicarrotnoodlesalad1.jpg

ドレッシングは、ピーナッツバターに牛乳を加えてレモン汁を合わせたもの。
醤油を足しても美味しい。

最近このズッキーニヌードルをパスタ(スパゲティ)の代用として使ったディッシュも流行っている。私はベジタリアンではないし、炭水化物をそこまで排除したいとも思わないので、パスタはパスタで食べたい。
だからズッキーニヌードルは私にとってはあくまでもサラダ感覚でございます(笑)

「今日のビンテージ食器」
ボウルは、パイレックスのバタープリント/アーミッシュ柄のミキシングボウル。小サイズ。
1920年代〜1980年代製造。

ドレッシングの器は、ゲイファドシリーズのミルクピッチャー。
黄色い花のハンドペインティング。

花器にしているグラスは、アンカーホッキングのリド・ミラノシリーズのボールカップ。アンバー色。
クシャッとしたしわのデザインで、まん丸な形の可愛いグラス。
1960年大製造。
| サラダ | COM(-) | TB(-) |
2017-08-18 (Fri)
chilledpeachcucumbersoup2.jpg
Chilled Peach Cucumber Soup


ピーチときゅうりの冷製スープ。
アメリカのピーチ、日本の桃とだいぶ様子が違うので、あえてピーチとしておきます。

アメリカの野菜や果物は大抵日本のものよりも大ぶりなのだけれど、例外もいくつか。その一つが桃。
こちらのピーチは日本のよりもふた回りくらい小さい。形は丸いけれど、キーウイ大といったところ。
熟れれば柔らかくなるけれど、日本の桃のようには柔らかくはない。そして皮ごとガブッと食べられちゃう。


chilledpeachcucumbersoup1.jpg


ピーチの種をとって皮ごと、キュウリは皮をむいて種を取り、ブレンダーでピューレに。
ライムの絞り汁、プレーンヨーグルト、牛乳を加えてお好みの濃さに。
冷蔵庫で冷やして出来上がり。

きゅうりと桃?って思うかもしれませんが、これが意外と合うのです。
こちらのピーチよりも日本の桃の方が甘みが強いので、もっと美味しいかもしれません。
夏らしい、さっぱりとした味の冷製スープです。

「今日のビンテージ食器」
ファイヤーキング、ゲイファドシリーズのチリボウル。パターンはピーチブロッサム。
1956〜1961年製造。

花器にしているグラスは、アンカーホッキングのリド・ミラノシリーズのボールカップ。アンバー色。
クシャッとしたしわのデザインで、まん丸な形の可愛いグラス。
1960年大製造。
| スープ(冷製) | COM(-) | TB(-) |
2017-08-16 (Wed)
spaghettiwroastedtomatoes1.jpg
Spaghetti with Roasted Cherry Tomatoes

ローストしたチェリートマトのスパゲティ。

375℉(190℃)にオーブンを温める。
チェリートマトにオリーブオイルをかけ、ピンクソルトと黒胡椒を振る。オーブンで約20分、潰れるくらいに焼く。

茹で上がったスパゲティにチェリートマトとバジルの葉を絡めて出来上がり。


spaghettiwroastedtomatoes2.jpg


チェリートマトがメインでパスタはサイドの役割くらいに、チェリートマトを多めに入れたパスタ。
バジルの葉もたっぷりに。あえてチーズも入れていません。
チェリートマトは、赤、黄色、オレンジ、茶色のクマトトマトを合わせて。それぞれに味が違うので、酸味や甘さの違うトマトの味をたっぷり味わえる。
とにかくトマトをいっぱい食べたい時に、簡単に作れるビタミンカラーのパスタです。

「今日のビンテージ食器」
オーバル型のキャセロールは、ファイヤーキングのメドウグリーン。
1967年〜1977年に製造されたもの。
| メイン&サイドディッシュ/エスニック料理 | COM(-) | TB(-) |
2017-08-14 (Mon)
blacksesameicecream2.jpg
Black Sesame Ice Cream

黒ごまの和風味アイスクリーム。

黒のすりゴマ(大6)、蜂蜜(大3)、オイル(少々)をブレンダーにかけて練りゴマを作っておく。

生クリーム(220ml)をつのが立つまであわ立てて冷蔵庫に冷やしておく。

別ボウルで卵黄(2個)とグラニュー糖(大5)を泡立て器でふわっと白っぽくなるまで泡立てる。
練りゴマを入れてさらに混ぜる。
冷やしておいたホイップしたクリームをしっかり混ぜる。

そのまま冷凍庫で冷やす。
数時間に一度、空気を入れるように混ぜ合わせる。
固まって器に盛ったら、黒ごまを振りかけて出来上がり。


blacksesameicecream1.jpg



和風のアイスクリームを食べたくなって作ったのだが、これが美味しくて何度も作って食べた今夏。
日本にいる時、黒ごまのアイスなんて食べたいと思わなかったのだけれどね。今、とても新鮮。
食べた時のすりゴマの食感とかも好き。とてもいい香り。

こちらで市販の黒ごまアイスクリームとか見たことないのだけど(アイスクリームは買わないんで知らないだけかも)、うーん、アメリカ人にはあまり受けないのかもな。ゴマの風味に「芳しい」と反応する人たちじゃないからな。
日本人は、ごま油の匂いでお腹が空く人種なので。ゴマは体にもいいし素晴らしい。万歳ゴマ!
ゴマを絶賛したくなる、黒ごまアイスクリームでした。

| 冷製デザート | COM(-) | TB(-) |
2017-08-13 (Sun)
mangocucumbersalad1.jpg
Mango Cucumber Salad


夏らしい、マンゴーときゅうりのサラダ。

ブレンダーで半分のマンゴーときゅうりをみじん切りにする。
残り半分のきゅうりをリボン状に切り軽く塩をかけておく。マンゴーはサイコロ状に。


mangocucumbersalad2.jpg


型にみじん切りのマンゴーときゅうりを入れ、お皿に出す。
その上にきゅうりのリボンとサイコロのマンゴーを乗せて出来上がり。

マンゴーの甘みときゅうりの塩味がちょうど良い、とてもシンプルな夏サラダ。

「今日のビンテージ食器」
緑のお皿はおそらく1930年代製造のディプレッショングラスなのだが、製造元不明。
暗い場所で怪しくも美しい光を放つ、ウラングラス。
| サラダ | COM(-) | TB(-) |
2017-08-11 (Fri)
ratattouillesandwich1.jpg
Ratatouille Baguette Sandwich

先日作ったラタトゥイユをバゲットに挟んで、ラタトゥイユサンドイッチ。

ラタトゥイユの作り方はこちらをご参照ください。


ratattouillesandwich2.jpg


多めに作ってその後何日かサイドディッシュとして食べるラタトゥイユ。
バゲットに挟むととても美味しい。
スイスチーズとバジルの葉を入れています。


ratattoillesandwich3.jpg


煮込み野菜はたくさん野菜が食べられるからいいですね。
サンドイッチは、夏のピクニックのお供に。

シカゴの夏は野外コンサートやフェスティバルが盛りだくさん。
夏ならではの、公園での野外映画上映もあちこちで。ワインにサンドイッチ、最高です。

「今日のビンテージ食器」
オーバル型のお皿は、ファイヤーキングのスワール、オーバルプラッターのアイボリー。
1940年〜1950年代初期製造。

牛乳のグラスは、おそらくヘーゼルアトラス社のグラスタンブラー。
1950〜60年代(?)製造。
| 朝食/ブランチ/昼食 | COM(-) | TB(-) |
2017-08-09 (Wed)
cantaloupepudding1.jpg
Cantaloupe Yogurt Pudding


メロンヨーグルトプディング。
メロンのおいしい季節。
熟れて柔らかくなったメロンとプレーンヨーグルトをブレンダーで混ぜ合わせる。甘さが足りない場合はハチミツを。
ゼラチンを入れて型に流し、冷蔵庫で冷やして固める。

メロンの果肉とイチゴをピューレに。
冷やして固めたメロンヨーグルトの上にピューレを流し、スプーンでくり抜いたメロンの果肉を飾って出来上がり。


cantaloupepudding2.jpg


熟れたメロンは本当に夏の暑い日に美味しい。
いつもカットしたものをタッパーに入れておいて、そのままパクパクと。
そういえばメロンを使ってデザート作ったことってないなあ。。。と。ヨーグルトと合わせたら結構美味しい。
アメリカのメロンって大きくて、スイカ大の物もよくある。
水分が多いので重いんですよね。でも瓜系は、やはり夏の体を潤してくれます。
| 冷製デザート | COM(-) | TB(-) |
2017-08-07 (Mon)
greenplumcarrotsalad1.jpg
Red Plum-Corn Salad


夏。プラムの季節。
色々なプラムの種類が出回りますが、これは甘みの多いレッドプラム。
中がトマトのように真っ赤。

この甘いプラムをサラダにするととても美味しい。


greenplumcarrotsalad2.jpg


レタス、ルッコラ、ほうれん草などのいろんなグリーンの組み合わせ。
人参はリボン状にピーラーでカット。
トウモロコシは茹でてナイフで実を削ぐ。
これにレッドプラムを組み合わせて出来上がり。

プラムとトウモロコシが出回る夏にしか食べられないサラダです。

「今日のビンテージ食器」
ボウルは、パイレックスのバタープリント/アーミッシュ柄のミキシングボウル。
手前が中サイズ。後ろの小さめのが小サイズ。
1920年代〜1980年代製造。
| サラダ | COM(-) | TB(-) |
2017-08-04 (Fri)
chilledavocadocucumbersoup1.jpg
Chilled Avocado Cucumber Soup


冷製アボカドきゅうりスープ。

ブレンダーでアボカドときゅうりをピューレにし、牛乳を足して好みの濃さに。
塩胡椒で味調整。

最後にチーズクリスプを飾って出来上がり。
チーズクリスプの作り方はこちら


chilledavocadocucumbersoup2.jpg


チーズクリスプにスープをつけながらかじっても、細かくしてスープに入れても。
夏の簡単冷製スープ。
アメリカのきゅうりは大味で美味しくないので、ピクルス用に売っている小さめのきゅうりを使いました。
| スープ(冷製) | COM(-) | TB(-) |
2017-08-02 (Wed)
3beansalsa1.jpg
Three-Bean Salsa


3種類のお豆を使ったサルサ。
豆はこちらのブラックビーン、キドニービーン(赤)、ホワイトビーン。

豆は一晩水に浸けておいて茹でておく。
缶詰の場合は、水を切って洗っておく。


3beansalsa2.jpg


トルティーヤチップスは、イエローコーントルティーヤを三角にカットして、オリーブオイルとピンクソルトを振りかけて、オーブンでこんがりするまで焼く。

紫玉ねぎはみじん切りにして水にさらしておく。

ボウルで3種の豆、ニンニク、ハラペーニョペッパー(みじん切り)、トマト、アボカド、シラントロ(パクチー)、紫玉ねぎを、ライム汁、クミンパウダー、塩胡椒と和える。


3beamsalsa3.jpg


トルティーヤチップスとともに、ビールのおつまみに。
夏に最高の組み合わせです。

「今日のビンテージ食器」
ボウルは、オールドパイレックスのシンデレラ・ミキシングボウル。バタフライゴールドのMサイズ。
1970年代前期製造。
| 前菜(サラダ以外) | COM(-) | TB(-) |