2017-05-13 (Sat)
greenlentiltomatosalad1.jpg
Green Lentil-Cherry Tomato-Cucumber Salad


緑レンズ豆とチェリートマト、キュウリのサラダ。

レンズ豆には色々種類があるが、これは緑。黄色と同じでアメリカではポピュラーなタイプ。
レンズ豆は水漬けする必要がなく、調理しやすい特徴が。


greententiltomatosalad2.jpg


緑レンズ豆を水洗いし、鍋に豆の2倍の量の水と豆を入れ、沸騰させる。
沸騰したら火を弱め、塩を加えて25分煮る。

茹で上がった緑レンズ豆とチェリートマト、塩もみしたきゅうりを加えて混ぜ合わせる。
パクチー(香草)を加えて出来上がり。


greenlentiltomatosalad3.jpg


レモンをかけていただきます。
塩茹でしたレンズ豆のわずかな塩味と、塩もみきゅうりで味は十分。

インドではカレーによく使われるレンズ豆。
サラダでシンプルに、スパイスの味でなく、豆の味をそのまま楽しむサラダもおすすめです。

「今日のビンテージ食器」
お皿はMacBeth Evans社のPetalware-Monaxランチプレート。
Petalwareというのは、お皿の周りは花びら(petal)のようだから。
大恐慌時代に作られたディプレッショングラス。
1930年〜1950年製造。

レモンの器は、ファイヤーキング、スワールゴールドリムのサラダボウル。
22Kが淵に施されている。
1950年代製造。
スポンサーサイト
| サラダ | COM(-) | TB(-) |