2017-05-12 (Fri)
coffeericottamousse1.jpg
Coffee Ricotta Mousse


コーヒーとリコッタチーズのムース。

器の大きさによりますが、だいたい5人分で。

ゼラチン(小1&1/2)を、濃いめに入れたコーヒー(1/3カップ)で溶かし、冷ましておく。
ボウルでリコッタチーズ(1カップ)、バニラエッセンス(小1)、砂糖(大4)、塩少々を泡立て器でよく混ぜる。ゼラチンを溶かしたコーヒー液を加えてよく混ぜる。


coffeericottamousse2.jpg


別のボウルで生クリーム(1&1/2カップ)を、砂糖(大1)を加えてつのが立つまでよく混ぜる。

ホイップしたクリームとリコッタチーズの液をヘラでよく混ぜ合わせる。

カップに入れて、冷蔵庫で数時間冷やしたら出来上がり。
食べるときに、刻んだダークチョコレートををふりかける。


coffeericottamousse3.jpg


リコッタを入れると、甘みとコーヒーの苦味に酸味がちょっと加わり、チーズの濃厚さも増す。
久しぶりにムースを作ったけど、美味しいな。今夏はちょっとムースブーム再来かも(笑)

「今日のビンテージ食器」
白いソーサーは、フランス、アルコパルのヴェロニカパターンのミルクグラスソーサー。
スポンサーサイト
| デザート/スイーツ | COM(-) | TB(-) |
2017-05-12 (Fri)
peanutchickenavocadosand1.jpg
Peanut Chicken-Avocado Grilled Cheese Sandwich

アメリカのサンドイッチ、グリルドチーズ。
これにピーナッツソースを絡めた鶏肉とアボカドを挟んだサンドイッチ。

ピーナッツソースは、つぶつぶ入りの無糖のピーナッツバター、牛乳(豆乳)、ブラウンシュガー、そして辛味はタイカレー用のレッドカレーペースト少々。これらを温めながら混ぜる。甘み、とろみ加減は牛乳や砂糖の量で調整を。
鶏肉は塩胡椒、レッドチリペッパー、ライムで下味をつけ、フライパンで焼く。ピーナッツソースが暖かいうちに鶏肉絡める。

パンの両外側にバターを塗り、チェダーチーズ、アボカド、ピーナッツソースチキンを乗せ、パンで挟む。
フライパンで片面に焦げ目がつくまで焼き、裏返してもう片方も焼く。


peanutchickenavocadosand2.jpg


鶏肉のサテーを食べていて、ふとこれをサンドイッチにしたらいけるんじゃないか?と思って作った。
ピーナッツバターはアメリカンサンドイッチになくてはならないアイテムだし。。。。。といっても、私はあのピーナッツバター&ジェリーサンドイッチは食べませんが。
アボカドとチーズでボリューミーなグリルドチーズです。

「今日のビンテージ食器」
サンドイッチのお皿は、コレールのモーニングブルー(大)。ディナープレート。
1970年代製造。

ぶどうのお皿は、同じくコレールのモーニングブルー。サラダプレート。

コーヒーカップは、ファイヤーキングのレースドット・スタッキングマグの青。
1960〜1976年製造。
| 朝食/ブランチ/昼食 | COM(-) | TB(-) |