2017-05-11 (Thu)
friedwildricewmushrooms1.jpg
Fried Wild Rice with Mushrooms and Edamame

ワイルドライスで作る、キノコと枝豆とトウモロコシのチャーハン。

アメリカには日本のような「主食はお米」という文化はないものの、健康ブームのここ10年でよく見かけるようになったワイルドライス。


friedwildricemushrooms2.jpg

ワイルドライスといってもいろんな種類のものがあるのだが、これは色々混ぜ合わせてます。
長粒玄米、スイートブラウンライス、ブラックジャポニカ米、ワイルドライス、全粒米、の組み合わせ。

マッシュルームはホワイトとブラウン。
このネギはスカーリオンと呼ばれる、グリーンオニオンの根っこが丸くなってるもの。ネギ類はいろんな呼び名があるし、アメリカとイギリスとオーストラリアでは名前が違ったりしてややこしい。

鍋に、ワイルドライス(1カップ)と水(6カップ)を入れて一煮立ちさせ、沸騰したら火を弱めて蓋をして約45分。

フライパンにバターでニンニク、スカーリオンを炒め、香りが出たらマッシュルームを加えて炒め、ワイルドライスを加える。最後に茹でた枝豆とトウモロコシを加える。
チャーハンの上に、目玉焼きを乗せて出来上がり。


friedwildricemushrooms3.jpg


ワイルドライスは、日本のお米とは全く違う風味、歯ざわりがあって病みつきになる。
コシがあるので日本米よりも調理時間はかかるけれど、崩れないのでスープや煮物にも向いている。
チャーハンは手軽に作れて、ワイルドライスらしいプチプチとした食感を味わえる一品です。

「今日のビンテージ食器」
グラスは、ヘーゼルアトラスアトラス社のグリーンバブルタンブラー。
1960年代製造。
スポンサーサイト
| メイン&サイドディッシュ/エスニック料理 | COM(-) | TB(-) |