2017-05-10 (Wed)
rpotatosaladsandwich1.jpg
Rainbow Potato Salad Sandwich


こちらで紹介したレインボー・ポテトサラダ

このポテサラを挟んだサンドイッチ。

トーストにあらびきマスタードを塗り、ルッコラ、ポテサラ、トマト。


rpotatosaladsandwich2.jpg


スイートポテトが入った甘みのあるポテサラなので、マスタードをたっぷりと、苦味のあるルッコラで調和を。

味が色々楽しめる、レインボー・ポテサラサンドです♫

「今日のビンテージ食器」
お皿は、コレールのバタフライゴールド・ディナープレート。
1960〜70年代製造。

カップは、コーニング社パイレックスブランドのバタフライゴールドのカップ。ミルクグラス。
1960〜70年代製造。

ソーサーは、コレールのバタフライゴールド、ソーサー。
1960〜70年代製造。

ボウルは、パイレックス、スプリングブロッサムのシンデレラボウル(S)。
1960年代製造。
スポンサーサイト
| 朝食/ブランチ/昼食 | COM(-) | TB(-) |
2017-05-10 (Wed)
rainbowpotatosalad1.jpg
Rainbow Potato Salad


2種類のジャガイモ、3種類のスイートポテトを使った、5種類のレインボー・ポテトサラダ。


rainbowpotatosalad2.jpg


赤い皮と黄色い皮の2種類の新じゃが。
アメリカの中がオレンジ色のスイートポテト、日本のサツマイモ、そして中が濃い紫色のパープルヤム(紅山芋(ベニヤマイモ)、ウベ)。


rainbowpotatosalad4.jpg

蒸し器で皮ごと蒸し、柔らかくなったら出して皮を剥く。
茹でる場合は、パープルヤムの色が他に移ってしまうので、別に茹でる。
それぞれの芋をサイコロ状にカットし、マッシュにしないで合わせたポテトサラダはこんな感じ。


rainbowpotatosalad3.jpg


茹でたポテトをそれぞれ別々にマッシュして、ジャガイモはマヨネーズと塩で和える。
サツマイモはマヨネーズとマスタード。
オレンジのスイートポテトはマヨネーズとヨーグルトで和える。
パープルヤムは甘さも十分なので何もしないでそのまま。
それぞれにマヨネーズの味を変えておくと、混ぜ合わせた時の味の違いが楽しくなる。

マヨネーズで和えたら、ボウルで5種類のポテトと茹でた枝豆、水に晒した玉ねぎの薄切りを混ぜ合わせる。


rainbowpotatosalad5.jpg


アイスクリームのようなレインボーポテトサラダ。
ジャガイモとサツマイモの割合などはお好みで。
今回、日本のサツマイモの甘みが全然足りなかったので、パープルヤムがいい役割をしてくれました。


「今日のビンテージ食器」
ボウルは、パイレックス、スプリングブロッサムのシンデレラボウル(S)。
1960年代製造。

平たいブルーの模様入りお皿は、”メキシコのファイヤーキング”、ターモクリサのミルクグラスの皿。
1950〜70年代製造。

3枚目写真の取り皿は、コレール、バタフライゴールドのサラダプレート。
1970年代製造。
| サラダ/前菜 | COM(-) | TB(-) |