2017-04-01 (Sat)
hashbrownfriedeggs1.jpg
Eggs in Hash Brown Nests


ハッシュブラウンをカップにして、中に卵。目玉焼き入りハッシュブラウン。

ジャガイモをスライスして水にさらす。
さらしたら、電子レンジで2分30秒、暖めておく。
ボウルで、チンしたジャガイモに軽く小麦粉を振り、刻んだチェダーチーズとモッツァレラチーズ(とろけるチーズを細めに切ってもOK)、塩胡椒、オリーブオイルを入れて混ぜる。

カップになるような耐熱容器にバターを塗り、ボウルで混ぜ合わせたハッシュブラウンを型に入れて指で十分に、隙間がなくなるように押す。

hashbrownfriedeggs2.jpg


425℉(220℃)に暖めておいたオーブンに入れて、20分、軽く焦げ目ができるまで焼く。
焼けたら取り出し、卵を割って入れる。卵に塩胡椒。

オーブンを350℉(175℃)に下げ、またお皿をオーブンに入れて15分くらい焼く。
卵が固まったら取り出す。

カリカリに焼いたベーコンとパセリをふりかけて出来上がり。


hashbrownfriedeggs3.jpg


ハッシュドポテト、またはハッシュブラウンの名のアメリカンブレックファストの定番ジャガイモ料理。
ホテルやレストランでは、卵焼きの横にどーんと出てくるこのハッシュブラウン。ケチャップや塩コショウなどで食べるのが一般。
このハッシュブラウンも、アレンジすれば可愛い朝食に。
卵入りハッシュブラウンカップは、お子様にも喜ばれることでしょう。

「今日のビンテージ食器」
お皿は、コレールのモーニングブルー。中皿。

カップはファイヤーキング、デイブレイカー(Daybreaker)シリーズの花柄スタッキングマグ。色違い。
1960年〜1976年製造。

卵が入ったボウルは、パイレックスのシンデレラボウル、バタフライゴールド柄。
1960年代後半〜1970年代前半製造。
スポンサーサイト
| 朝食/ブランチ/昼食/軽食 | COM(-) | TB(-) |