2017-04-23 (Sun)
ciabattaroastedpepperolive1.jpg
Roasted Red Pepper, Arugula, and Mozzarella Ciabatta Sandwich with Black Olive Pesto/Panini di Peperoni Arrosto, Mozzarella, Rucola, e Pesto di Olive Nere


チャバタ、もしくはチャバッタ(Ciabatta)というイタリアのパン。
フランスのバゲットのように中の気泡が大きく、バゲットよりもモチっとしっとりしている美味しいチャバタは、イタリアではパニーニで有名。
今日は大きめのチャバタ、30cm x 15cm x 5cmくらいを使って大きなパニーニを。
中身はモッツアレラチーズ、ベビールッコラ(ルッコラの若菜)、ローストした赤パプリカ、そして黒オリーブのペースト。



blackolive1.jpg

先日作っておいた自家製黒オリーブペースト
黒オリーブにサンドライドトマトを入れてます。
このペーストが今回いい役割を果たしてくれました。


IMG_8319.jpg


店で見かけた巨大な赤パプリカ。アメリカの野菜は何でもかんでも大きいとか言いますが、これは幾ら何でも普通の赤パプリカよりかなり大きい。テニスボールと比較してみても。。。。
手に持ってもずっしり。とても肉厚なので、これはローストするしかないな、と思った。肉厚パプリカをローストすると、ちょうどいい感じになる。



ciabattaroastedpepperolive2.jpg



赤パプリカにオリーブオイルをかけて、425℉(220℃)に暖めたオーブンで約20分(パプリカの大きさに合わせて)焼く。皮に焦げ目ができたら取り出して、まだ暖かいうちに皮をつるっとむいておく。
皮を剥いて細長く切ったら、バルサミコをかけておく。

チャバタを平たく2枚に切って、片方にモッツアレラチーズを乗せて、2枚ともオーブンでトーストする。


ciabattaroastedpepperolive3.jpg


焼けたらチーズを塗っていない方のパンに満遍なく黒オリーブペーストを塗る。
ペーストの上に赤パプリカをびっしりと乗せ、ベビールッコラを挟んで出来上がり。

これは大きなチャバタなので、小さめにカットします。



ciabattaroastedpepperolive4.jpg


一番最初に行ったイタリアでは、どこでも昼食はパニーニを食べる機会が多くて、その美味しさに感動したものだ。
店で作り置きをしているパニーニでもこんなに美味しいのはなぜかと。パンの新鮮さとチーズの美味しさが違うのだろうな、と思った。
世界のサンドイッチの中でも、パニーニはやはり美味しいですね。

美味しいチャバタのおかげで、イタリアのパニーニ再現。ヘルシーなベジーパニーニです。
スポンサーサイト
| 朝食/ブランチ/昼食/軽食 | COM(-) | TB(-) |
2017-04-22 (Sat)
quinoastrawberrybanana1.jpg
Strawberry-Banana Breakfast Quinoa

健康食品として注目を浴びているキヌア。
以前に、キヌアとアスバラガスのサラダブラックビーンのキヌアサラダとキヌアのサラダをご紹介しました。
今日は、イチゴとバナナの朝食キヌア。
コーンフレーク、グラノーラ、オートミールの代わりに、簡単に食べられるキヌアです。


quinoastraqberrybanana2.jpg


キヌア一人分(1/2カップ)を沸騰させたお湯(1カップ)に入れて、蓋をして10分茹でる。
10分経ったら火を止めて、そのまま15分蒸らす。水分を全部吸収させる。

キヌアをフォークでほぐし、牛乳または豆乳をかける。
いちごとバナナと、オーブンでカリッと焼いたアーモンドスライスを乗せる。
最後にいちごのコンボートでできたシロップをかけて出来上がり。


quinoastraqberrybanana3.jpg


栄養価が高く、完全食でもあるキヌア。21世紀の主食とも呼ばれる。
生産国はペルーやボリビアなど南米。
アメリカで大ブームを起こしたため、現在キヌアの輸出は大半がアメリカへ。今後日本にも広まる事間違いなし。
健康食品でも美味しくなければ嫌だけれど、キヌアは食感もいいし料理しやすいし美味しい。
キヌアのレシピをまたどんどん増やしていきたいと思います。

「今日のビンテージ食器」
ボウルはファイヤーキング、ゲイファドシリーズのチリボウル。パターンはピーチブロッサム。
1956年〜1961年製造。

イチゴの入った器は、ファイヤーキング、ゲイファドのカスタードカップ。ピーチブロッサム。
1950年〜1960年代製造。

バナナの器は、ファイヤーキング、カッパーティントのカスタードカップ。
1958年~1971年製造。

コーヒーマグは、ファイヤーキングのゲイファド・シリーズ。ピーチブロッサム。ピーチブロッサム。
1960年代製造。
| 朝食/ブランチ/昼食/軽食 | COM(-) | TB(-) |
2017-04-16 (Sun)
bagelwcreamcheeseavocado2.jpg
Cream Cheese, Avocado, Apple, and Tomato Bagel


クリームチーズに、アボカド、リンゴ、黄色いトマトのベジー・ベーグルサンドイッチ。



bagelwcreamcheeseavocado1.jpg



アメリカではポピュラーなベーグルサンド。
NYにはベーグルサンドの専門店がいくつもありますね。

ベーグル屋さんで買ってくるベーグル。暖かいうちに食べられれば言うことないのですが、買い置きすると硬くなる。
冷めたベーグルは一つずつラップしておくといい。これで2〜3日外で大丈夫。
さらに置く場合は冷蔵庫へ。
食べるときは、硬くなったベーグルに水を吹きかけてオーブンで焼くとカリッと元に戻ります。


bagelwcreamcheeseavocado3.jpg


私が一番朝に食べているパンは、ベーグルかもしれない。
そのままかじれますしね。
たくさん食べている割には、このブログには1回しか登場していませんでした。
今日のベーグルサンドも、レシピを書くほどではありませんが(笑)。簡単サンドです。

「今日のビンテージ食器」
お皿は、コーニング社コレールのスプリングブロッサムシリーズのディナープレート。
1970年代製造。

カップ&ソーサーもお揃い。コレールのスプリングブロッサム、クレイジーデイジー・オープンハンドル カップ&ソーサー。
1970年代製造。

ビンテージコレールのこのシリーズは、やっぱり可愛いです。
| 朝食/ブランチ/昼食/軽食 | COM(-) | TB(-) |
2017-04-13 (Thu)
coffeefrenchtoast1.jpg
Coffee French Toast


フレンチトーストはいろんなバリエーションが可能。
今日はコーヒー・フレンチトースト。

まず、上からかけるコーヒークリームを作っておく。
生クリームに少々の砂糖を加え泡立て器でホイップする。ふわっとなってきたら、少々のコーヒー(冷やしたもの)を加えてさらに混ぜる。

平らな容器の中で卵と砂糖液を作り、コーヒーにミルクを入れたいわばコーヒー牛乳を加える。
コーヒーが熱いと卵が固まってしまうので、ぬるめになるまで冷やしたものを。

パンを両面コーヒー卵液にひたす。


coffeefrenchtoast2.jpg


バターをフライパンで炒め、パンの半分を入れ、刻んだダークチョコレートを上にのせ、もう一枚のパンで挟んでサンドイッチにする。
片面が焼けたら、サンドイッチを裏返してもう片方も焼く。

両面焼けたフレンチトーストをお皿に乗せたら、コーヒークリームをかけ、バニラアイスクリームを乗せる。
その上からココアパウダー。


coffeefrenchtoast3.jpg


フレンチトーストは、硬くなったパンを使うのがクラシックですが、あえて柔らかいパンを使ってもこれまた美味しい。
これはブリオッシュのようなソフトなパン。パンが柔らかいと卵液がしみるのも早いので、パンが崩れる前に焼きましょう。
ダークチョコレートはビターなので、見た目よりもサッパリのフレンチトースト。
アイスクリームを乗せない場合は、コーヒークリームを甘めにしたりして調整を。

「今日のビンテージ食器」
お皿はMacBeth Evans社のPetalware-Monaxランチプレート。
Petalwareというのは、お皿の周りは花びら(petal)のようだから。
大恐慌時代に作られたディプレッショングラス。
1930年〜1950年製造。

コーヒークリームが入った器は、アンカーホッキング社のホブネイル・クリア(Hobnail-Clear)シュガーボウル。
1934年〜1936年製造。製造期間が短いのです!
| 朝食/ブランチ/昼食/軽食 | COM(-) | TB(-) |
2017-04-12 (Wed)
tacosdecarnitas1.jpg
Tacos De Carnitas

メキシコのタコス。
具は豚肉の、タコス・デ・カルニータス。
牛肉、鶏肉とともに、豚肉(カルニータス)は代表的なタコスの顔。

とても柔らかく、肉がほろほろとほぐれるカルニータスを作るには、長時間低温で煮込むスロークッカーが便利。

豚肩肉の塊に、チリパウダー(大1)、クミンパウダー(小2)、乾燥オレガノ(小2)、ピンクソルト(小2)、黒胡椒(小2)を大きめのボウルでよくすり込み、一晩寝かしておく。

スロークッカーに、ニンニク、玉ねぎ(1個)、オレンジの絞り汁(2個分。オレンジジュースを加えて水分調整)、ライムの絞り汁(2個分)、寝かして置いた豚肉を入れ、低温で8時間(高温で5時間)煮る。


tacosdecarnitas3.jpg



スロークッカーから豚肉を取り出して細かくほぐし、再びスロークッカーに入れてオレンジジュース、塩胡椒を足して味調整しながら、30分煮込む。
これでカルニータスの出来上がり。


tacosdecarnitas2.jpg


コーントルティーヤをオーブンで暖める。
トルティーヤにカルニータスを挟み、紫玉ねぎ、トマト、アボカド、シアントロ(パクチー)を入れ、ライムの絞り汁をかけて、タコス・デ・カルニータスの出来上がり。

カルニータスの煮込みに時間がかかるため、牛肉、鶏肉など他のタコスに比べると「手軽」ではない。
でもとろけるカルニータスのタコスはそれなりの美味しさが。カルニータスはご飯と一緒に食べてもいける。


tacosdecarnitas4.jpg


メキシコ料理は、メキシカンの多いシカゴでは郷土料理ともなりつつある。
犬も歩けば棒に当たるほど街中にはメキシカンフードが溢れ、メキシカンタウンに行けばもっとオーセンティックな美味しいメキシコ料理が安値で食べられる。メキシコの味を知るには非常に恵まれた街。
トルティーヤ専門店、肉屋、パン屋などメキシコ料理に必要な店がずらりと並ぶメキシカンタウンは、エスニックタウンのあるべき姿の好例だろう。

メキシコには何度か行ったが、タコスばかり食べていたわけではない。タコスはアメリカで食べられるからと別のものを探していたし、高級な店(ドルに置き換えれば大したことない)で豪華なシーフードとか食べていた。
だからこのタコス・デ・カルニータスは、シカゴでなんども食べて覚えた料理の一つ。メキシコというよりも、私にとってはシカゴの味。

牛ステーキのタコス、カルネアサダタコスもどうぞ。

「今日のビンテージ食器」
お皿は、ヘーゼルアトラス社の、リップル、またはクリノライン(Crinoline)と呼ばれるシリーズのミルクグラス・ディナープレート。
1950年代製造。

カルニータスの入ったキャセロールは、ファイヤーキングのメドウグリーン(デザイン)・キャセロールの円型。
1960〜70年代製造。
| 朝食/ブランチ/昼食/軽食 | COM(-) | TB(-) |