12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2017-03-21 (Tue)
nasigoreng1.jpg
Nasi Goreng


マレーシア、およびインドネシアの焼き飯、ナシゴレン。
屋台からレストランまであらゆる場所でお目にかかれる、現地の定番。

ムスリムの多い両国なので、基本的に豚肉は使われない。
これはエビと鶏肉のナシゴレン。

フライパンでニンニク、玉ねぎを炒め、香が出たら鶏肉を加えて火を通す。
エビ、トマトを加えて炒める。
白ご飯(できれば炊き上がりではなく冷やご飯の方がいい)を加え炒める。

調味料、一人分のご飯に対し、ケチャップ(大1/2)、スイートソイソース(ケチャップマニス、大1/2)、チリソース(あればサンバル。大1/4)、ナンプラー(大1/2)、塩胡椒を混ぜ合わせたものを加えてさらに炒める。

お皿に盛ったら目玉焼きを乗せ、パクチーをふりかける。きゅうりとトマトを付け合わせて出来上がり。


nasigoreng2.jpg


焼き飯でも、醤油ベースではなくて調味料次第で東南アジアの味に変身。

人生最初で食べたナシゴレンは、初めての東南アジアの旅、マレーシアはクアラルンプールにて。
現地の若者たちに連れて行ってもらった屋台のナシゴレン。夜中を過ぎた時間に、生暖かい東南アジアの風の中で現地のみんなでワイワイと食べたナシゴレンは最高だった。
「美味しい」という感覚のインプットは、味とその時のシチュエーションの記憶が半々。
味だけでは最高の「美味しい」を作り出せないのも料理の事実。
実際、あれ以来あらゆる場所でナシゴレンを食べてきたけれど、最初に食べたクアラルンプールの夜更けの屋台のナシゴレンを超えるものはないし、これからも超えられるものはないんだろうなあ、と思う。
超えられないけれど、その記憶を思い出してたまに作ってみたくなる味。

「今日のビンテージ食器」
グラスは、アンカーホッキングのリドミラノシリーズのアンバー。
ミッドセンチュリーに流行った、コロンとした丸い形のRoly Poly Glassと呼ばれるもの。
1960年代製造。
スポンサーサイト
| メイン&サイドディッシュ/エスニック料理 | COM(-) | TB(-) |
2017-03-19 (Sun)
rapinipastawgoldengarlic1.jpg
Rapini Pasta with Golden Garlic

ラピーニとカリカリガーリックのパスタ。
ちょっと苦味のある美味しい緑黄野菜、ラピーニ。またの名をブロッコリーレーブ、あるいはイタリアンブロッコリ。

ラピーニとニンニクはよく合うのでパスタに。
ニンニクは薄切りして油でカリカリになるまで唐辛子と一緒に揚げる。
パスタを茹でて、最後の5分でラピーニを入れて一緒に茹でる。

ボウルでパスタ、ラピーニを合わせて塩で味調整。カリカリになったニンニクをかけて出来上がり。


rapinipastawgoldengarlic2.jpg

ラピーニのパスタで定番なのはラピーニとソーセージのオレキエッテ
ラピーニは日本の菜の花にちょっと似ているので、代用してみてもいいかも!

「今日のビンテージ食器」
グラスはアンカーホッキング社の、"Waterford Waffle"(ウォーターフォード・ワッフル)シリーズのタンブラー。
足の部分がフリル。
1938〜1944年製造。


| メイン&サイドディッシュ/エスニック料理 | COM(-) | TB(-) |
2017-03-14 (Tue)
porkjapchae1.jpg
Japchae (Korean sweet potato starch noodles) with Pork and Vegetables


韓国料理、チャプチェ。
サツマイモのデンプンを原料とした、唐麺(タンミョン)という麺

唐麺(タンミョン)は熱湯で5分茹で、ざるにあけてごま油で混ぜておく。
豚肉を先に炒めてフライパンから出し、スイートソイソースと混ぜ合わせておく。
ニンニクをフライパンで炒めて、玉ねぎ、人参を加えて火が通るまで炒める。最後にきゅうりを加える。いりごまをふりかける。

豚肉、野菜、唐麺を混ぜてお皿に盛って出来上がり。


porkjapchae2.jpg


プリプリしていて歯ざわりは糸こんにゃくのよう。
たまにアジアの味が恋しくなります。

「今日のビンテージ食器」
ゴマが入った器は、ファイヤーキングのコッパーティントのカスタードカップ。
1958年〜1971年まで製造。

グラスは、アンカーホッキングのリド・ミラノ・グリーンタンブラー。
1970年代製造。
| メイン&サイドディッシュ/エスニック料理 | COM(-) | TB(-) |
2017-03-08 (Wed)
linguinelemoncream1.jpg
Linguine alla Crema di Limone / Linguine with Lemon-Cream Sauce


カリフォルニアから届いた無農薬レモンを使い、レモンクリームのリングイネ。

レモンの皮を擦り、溶かし無塩バターとあえておく。レモンゼストは一人分でレモン半個分。
ボウルに生クリーム(一人分で大2)、レモン汁(半個分)、パスタの茹で汁少々、オリーブオイル少々、すり落としたパルミジャーノ・レッジャーノを加えて混ぜる。溶かしバターとレモンゼストも加える。レモンペッパーで味調整。

茹でたリングイネにクリームをあえ、さらにレモンゼストをお好みでふりかけて出来上がり。


linguinelemoncream2.jpg


シンプルで簡単で美味しいレモンクリームパスタ。
レモンの産地で有名なイタリアはアマルフィで生まれたというこの料理。クリーミーなのにレモンでさっぱり。
色目がシンプルなのでイタリアンパセリで作ったソースで飾り付けしております。




| メイン&サイドディッシュ/エスニック料理 | COM(-) | TB(-) |
2017-02-27 (Mon)
cubanchickennblackbeans1.jpg
Cuban Chicken Ropa Vieja with Black Beans


今日はアカデミー賞で「ムーンライト」が最優秀作品賞をとった。この映画のダイナーシーンで、このキューバ料理が出てくる。だから今日はキューバ料理を食べながら、オスカーナイトを過ごした。

まず、キューバ風チキンの煮込み。
チキンロパビエハ(Chicken Ropa Vieja)。
スロークッカーに鶏肉の胸肉、トマト(胸肉一つに対してトマト1個)、人参、玉ねぎ(胸肉一つに対して1個)、ニンニクを入れ、かぶるくらいの水を入れピンクソルト少々。高温で4時間、低温で8時間煮込む。

翌日、鍋でグリーンペッパー(緑のパプリカ)、レッドベッパー(赤いパプリカ)、にんにく、玉ねぎ(みじん切り)、ローリエを入れてオリーブオイルで炒め、クミンパウダー(小1)、塩を加えて野菜に火が通るまで炒める。
柔らかくなったスロークッカーの鶏肉を割いて、汁ごと鍋に移す。水分が足りなかったら少し水を足し、ホワイトワイン、トマトペースト(大2)、ブイヨンを加えて1時間煮込む。塩胡椒で味調整。


cubanchickennblackbeans2.jpg


キューバ風ブラックビーンズ。
黒豆は一晩水につけておく。
鍋にオリーブオイルでニンニク、紫玉ねぎ、レッドペッパー(赤パプリカ)、グリーンペッパー(緑のパプリカ)にクミンパウダー(小1)を加えて炒める。野菜に火が通ったら水を入れ、最初強火で沸騰させたら豆を入れて1時間煮込む。塩で味調整。

チキンとブラックビーンズが出来上がったら、お皿に盛り、ライスを添えて出来上がり。食べるときにシアントロ(パクチー)とライムを添える。

チキンは時間をかけるだけあってとても柔らかくトマトの味が染み込んでジューシー。
手間暇かかるけれど、美味しいキューバ料理の出来上がり。


cubanchickennblackstones3.jpg


「ムーンライト」は好きなシーンがたくさんある映画だが、ダイナーで想っている人に差し出すキューバ料理のシーンはなんとも言えない。食いしん坊の私は早速作ろうと思ったわけだ。映画のチキンはもっとシンプルに焼いたものなのだけど、どうせならともうちょっと手の込んだロパビエハにした。
このキューバ料理を食べながらオスカーを観ていたら、なんとムーンライトが作品賞をとった。嬉しい夜である。

「今日のビンテージ食器」
ライムの入ったピンクのガラスのソーサーは、ジャネットグラスカンパニー(Jeannette Glass Company.19世紀後期から1983年まであったペンシルヴァニアのガラス会社)のHoliday、または Buttons and Bowsと呼ばれるパターンシリーズ。
1947〜50年代中期製造。時代から、ディプレッショングラスとも呼ばれる。
| メイン&サイドディッシュ/エスニック料理 | COM(-) | TB(-) |