12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2017-03-23 (Thu)
avgolemono1.jpg
Avgolemono/Egg Lemon Soup

アヴゴレモノ。鶏肉と出汁、レモン汁を撹拌して作る地中海のスープ。

玉ねぎ、人参、セロリをみじん切りにする。
鍋にオリーブオイルで鶏肉を炒め、火が通ったら野菜を加えて炒める。
野菜が柔らかくなったら、ブイヨンと水、ローリエ(ベイリーフ)を加える。レモン汁とレモンゼスト(レモンの皮)を入れて15分煮込む。
15分経ったら炊いたお米(長粒米)を入れてさらに5分煮込む。

ボウルに卵(一人につき1個分)を溶き、泡立て器で白っぽくふわっとなるまで混ぜ合わせる。
鍋の温かいスープをお玉で2配分、ボウルの卵の中に入れてかき混ぜる。かき混ぜたらその卵を鍋に戻して温める。(この作業をしないで直接卵を鍋に入れると卵が固まってしまうため)。

塩胡椒で味調整。
スープをよそったらディルで飾り付けして出来上がり。


avgolemono2.jpg


この地中海のエッグレモンスープは、似たようなものがアラブ料理、ユダヤ料理、イタリア料理、バルカン料理にも見られるらしい。
レモンが豊富な土地柄のスープでありソースであり。

そういえば、イタリアのカプリ島で泊まったホテルの庭に実の沢山なるレモンの木があり、「南国だなあ」と思ったことがある。
このスープに使用したレモンは、カリフォルニアにいる親類が自宅の庭で採った無農薬のレモン。カリフォルニアも地中海に似たような気候である。まだ寒いシカゴに届いた、南国の香。
庭で採れたというレモンは、皮ごと使えるので嬉しい。

「今日のビンテージ食器」
ボウルは、ファイヤーキングのミルクグラス、スワール・キャセロール。
白鳥をイメージしてデザインされたとも言われる。
1960年代製造。
スポンサーサイト
| スープ | COM(-) | TB(-) |
2017-03-18 (Sat)
croutonpoachedeggsoup1.jpg
Açorda à Alentejana/Alentejo Bread and Egg Soup


いろんなスープの種類があるポルトガル。
これはアレンテージョ地方のパンとニンニクのスープ。名前はソパ・アレンテジャーナ。アレンテジャーナ風パン入りスープと言ったところ。

材料は、硬くなったパン、ニンニク、卵、香菜(パクチー)のみ。
オリーブオイルでニンニクを炒め、水を入れて熱す。香菜(パクチー)を入れる。塩で味調整。

パンは硬くなったパンを少しトーストしてから入れると香ばしい。
スライスのまま入れてもいいけれど、食べやすいようにサイコロ切りにして塩胡椒、オリーブオイルでクルトン風にさっと焼きました。
パンがカリッとすると、さらに香ばしいです。

器にパンを入れ、スープを注ぎ、最後にポーチドエッグを乗せて出来上がり。



croutonpoachedeggsoup2.jpg

パンの量によってはボリュームも出るので、お腹の空き具合によって調整を。
ポルトガルの「残り物スープ」と言った感じですが、これがとっても美味。
パクチーとニンニク、塩味だけのスープとシンプルなスープだけれど食べると病みつきに。

ニンニクパワーで元気が出るスープでもあります。

「今日のビンテージ食器」
ファイヤーキング、ゲイファドシリーズのチリボウル。パターンはピーチブロッサムとフルーツ。
1956〜1961年製造。
| スープ | COM(-) | TB(-) |
2017-03-09 (Thu)
wholeonionsoup1.jpg
Whole Onion Soup

丸ごと玉ねぎを使ったオニオンスープ。


IMG_5591.jpg

ホワイトオニオン(白玉ねぎ)使用。サラダで食べることの多い甘みのある玉ねぎ。

皮をむいて上下を平らに切って、鍋で17分蒸す。その後ふたをして1時間放置。
大きな鍋に出汁を入れて湯を沸かす。できればかつおだしで行きたいところだが、シカゴにないので粉末の日本出汁を使用。
水量に比べて出汁はかなり多めに入れる。
沸騰したら蒸した玉ねぎを入れて、一晩つけておく。


wholeonionsoup2.jpg


翌日、鍋にブイヨンを入れ、いちど強火で沸騰させた後中火で2時間、強めの弱火で2時間半煮込む。

スープと一緒によそって刻みパセリを散らして出来上がり。


wholeonionsoup3.jpg

シンプルな素材だけに、時間をかけました(といっても、放置なので楽です)。
おかげでトロトロかつしゃっきりな絶妙玉ねぎになります。

「17分蒸す」というのは、昔スマップの草なぎ君が美味しい玉ねぎ煮込みの作り方でそう言っていたから(笑)
15分でも20分でもなく、17分なんだなー、と笑。
それまでいきなり煮込んでいたのだけど、いちど前の晩に蒸して置いておくと、翌日味がしみやすい。
そしてできれば、煮込んださらに翌日の玉ねぎが最高に美味しいです。
草なぎ君、ありがとう(笑)
| スープ | COM(-) | TB(-) |
2017-03-03 (Fri)
lemonlentilsoup1.jpg
Lemony Lentil soup


中東料理でおなじみレンズ豆スープ。

レンズ豆は乾燥ものを使いますが、小さくて火が通りやすいので、水でふやかしておく必要はありません。
鍋にオリーブオイルでニンニク、生姜、玉ねぎ、人参を炒めて火を通す。水とブイヨンを入れてターメリック(小1)、レンズ豆を加え、沸騰させる。火力を落として50分、蓋をして煮る。50分したらレモンゼスト(1個分)とレモン汁(1個分)を加える。


lemonlentilsoup2.jpg

スープの半分の量をフードプロセッサーに入れてピューレに。ピューレを同じ鍋に移してさらに30分ほど煮る。
塩胡椒で味調整。

全部フープロでクリーム状にしてもいいが、豆の感触が好きなので私は粒を残します。お好みで。
パンも中東風にピタパンを添えて。

カリフォルニアから無農薬レモンがたくさん届いたので、レモン消費期間です。

「今日のビンテージ食器」
ボウルは、ファイヤーキングのミルクグラス、スワール・キャセロール。
白鳥をイメージしてデザインされたとも言われる。
1960年代製造。

| スープ | COM(-) | TB(-) |
2017-02-26 (Sun)
chickennoodlesoup1.jpg
Chicken Noodle Soup


アメリカでは、「風邪をひいたらチキンヌードル」と言うほど定番中の定番料理、チキンヌードルスープ。冬場は薬局のキャッシャーの横に缶詰が並ぶほど。
温めるだけのキャンベルのチキンヌードルが有名ですが、簡単なので自分で作った方が美味しいです。

野菜の基本は玉ねぎ、人参、セロリ。そしてアメリカではエッグヌードルと呼ばれるパスタとうどんの間のようなヌードルを使うことが多いですが、普通のパスタで代用可。

鍋で玉ねぎ、人参、セロリを炒め、火が通って柔らかくなったらチキンを入れて軽く炒める。水とブイヨンを入れて煮る。
パスタは早く入れると柔らかくなりすぎるので、別茹でしたものを食べる直前に入れる。
塩胡椒で味調整。パセリを散らして出来上がり。


chickennoodlesoup2.jpg


すごくシンプルなのだけれどとても美味しい。野菜とチキンなのでヘルシー。
日本人は「風邪をひいたらお粥」だけれど、なぜアメリカ人はチキンヌードルスープなのか?ま、昔から体が温まって鶏肉と野菜で栄養が取れるスープが弱った体には優しいと思われていたのでしょう。
昔アメリカで学生だった頃、ひどい風邪で高熱と吐き気。ルームメイトがキャンベルのチキンヌードルスープを用意してくれたのだけれど弱った胃には食べられなかったなあ。缶詰は香りもきつくて浮いた黄色い油がうわっと広がっていて。
自分で作るととても優しい味に仕上がりますよ。アメリカ人はキャンベルが好きだけどねえ(苦笑)

「今日のビンテージ食器」
スープボウルは、コーニングのBlue Cornflowerシリーズのソースパン。一人分のスープにちょうどいい大きさ。
1970年代製造。



| スープ | COM(-) | TB(-) |