12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2017-10-17 (Tue)
creamofcaliflowerpotato1.jpg
Cream of Cauliflower and Potato Soup with Kale

紅葉も真っ盛り。寒くなってきたシカゴです。

ケールを加えた、カリフラワーとジャガイモのクリームスープ。

鍋にオリーブオイルでニンニクと玉ねぎを炒める。ピンクソルトにホワイトペッパー少々。
ローリエを加え、水とブイヨン。
カリフラワー、セロリ、ジャガイモを入れて煮る。

野菜に火が通ったら、カリフラワーとジャガイモの半分を取り出し、残りをブレンダーでピューレにする。


creamofcaliflowerpotato2.jpg


ピューレを鍋に戻し、牛乳を加え、ケールを入れて温める。
最後に取り出しておいたジャガイモとカリフラワーを加えて出来上がり。

全部クリーム状にしてしまうより、カリフラワーとジャガイモのホクホク感を楽しむため、半分は形のあるものを残します。
白いスープに、ケールの緑を加えて。

温かいスープを欲する季節になってきました。

「今日のビンテージ食器」
カップは、グラスベイクのスタッキング・マグ。スープボウル。白とグリーン。
1960年代〜1970年代製造。

ソーサーは、”メキシコのファイヤーキング”、ターモクリサのミルクグラスのサラダプレート。
1950〜70年代製造。
スポンサーサイト
| スープ(温) | COM(-) | TB(-) |
2017-10-06 (Fri)
16beansoup2.jpg
16 Bean Soup with Vegetables


16種類の豆をミックスした豆盛りだくさんスープ。

うずら豆、赤豆(大、小)、黒豆、レンズ豆(緑、黄色、赤)、白豆(大、小)などなど色々。
豆ミックスは4人分で1カップ。
小さなレンズ豆以外は全て一晩水につけておく。

鍋にオリーブオイルでニンニク、玉ねぎ、セロリ、人参を炒める。ローリエ、クミンシーズ(少々)、塩胡椒を加える。
野菜ブロス(または水にブイヨン)、水につけておいた豆を加えて一煮立ちさせ、沸騰したら中火にして蓋をして20分煮る。
20分したらレンズ豆を加え、さらに15分煮る。


16beansoup1.jpg


豆が柔らかくなったら出来上がり。
底が見えないほど、盛りだくさんの豆スープ。

肉を入れずに高タンパク質を摂りたいときは、豆が手っ取り早い。
特に小豆やレンズ豆はタンパク質主体の豆。
最近昔ほど肉を食べたいと思わなくなってきたので、意識して豆を食べたいところです。

| スープ(温) | COM(-) | TB(-) |
2017-09-20 (Wed)
carrotredlentilsoup1.jpg
Carrot-Red Lentil Soup


オレンジ+オレンジの組み合わせ。人参と赤レンズ豆のスープ。

鍋にオリーブオイルで玉ねぎ、セロリ、にんにくを炒める。火が通ったら人参、ローリエを加える。塩胡椒。
野菜ストック(または水とブイヨン)を入れて野菜を煮込む。
人参が柔らかくなったらブレンダーに移してピューレにする。
ピューレをまた鍋に戻す。


carrotredlentilsoup2.jpg


鍋のピューレに、水で洗った赤レンズ豆を入れて15分煮る。ピンクソルトで味調整。
レンズ豆に火が通ったら火から下ろす。
器に盛って、ヨーグルトでガーニッシュ。イタリアンパセリを飾って出来上がり。


carrotredlentilsoup3.jpg


レンズ豆の中でも小さな赤レンズ。
水で戻す必要がないので調理に楽。
長く火にかけるとすぐ煮崩れして色も落ちてしまうので、ツブツブ感を味わうなら最後に入れて煮込むのをおすすめ。

高たんぱく質低カロリーの赤レンズ豆。
風邪をちょっとひいていたのですが、これで体力持ち直した。野菜豆スープ、侮れない。

「今日のビンテージ食器」
カップはオールドパイレックスのミルクグラス。バタフライゴールド・カップ。
1960〜1970年代製造。

ソーサーは、コレールの同じくバタフライゴールドパターン。
1970年代製造。
| スープ(温) | COM(-) | TB(-) |
2017-07-24 (Mon)
summerminestrone1.jpg
Summer Minestrone


夏野菜のミネストローネ。

鍋にオリーブオイルでニンニクを炒める。香が出たら玉ねぎを加えて柔らかくなるまで炒める。
セロリ、人参、ズッキーニ(緑と黄色)を加えて炒める。

火が通ったら、トマト(ホール1缶)を入れて、つぶしながら炒める。
水、ブイヨン、ローリエ、タイム、ローズマリー(みじん切り)を加えて煮る。


summerminestrone2.jpg


別茹でした短いパスタ(ペンネ使用)を加え、器によそったらバジルの生葉を飾って出来上がり。

基本、どんな野菜でも美味しいミネストローネですが、ズッキーニの美味しい季節なので夏野菜バージョン。
パスタのおかげで朝食になります。
暑い日は、冷やしたミネストローネも美味しいですね。
野菜たくさんとって夏を乗り切りましょう。
| スープ(温) | COM(-) | TB(-) |
2017-07-13 (Thu)
pumpkinredsorghumsoup1.jpg
Pumpkin Soup with Red Sorghum


かぼちゃと高黍のスープ。

こちらのかぼちゃは秋が旬なのですが、日本のかぼちゃが手に入ったので、夏かぼちゃスープ。

高黍(たかきび)は一晩水につけておく。
高黍を鍋に水といっしょにいれ、沸騰させる。沸騰したら火を弱めて蓋をして20分煮る。経ったら火を止めて、蓋をしたまま15分蒸らす。

オーブンでタネを取ったかぼちゃを柔らかくなるまでローストする。
柔らかくなったらオーブンから出して皮をむく。

別の鍋でニンニク、玉ねぎを炒める。
玉ねぎに火が通ったら、水とブイヨンを入れる。
ローストしたかぼちゃをガーニッシュ用に少しとっておき、残りを鍋に加える。
ブレンダーに移してピューレにする。また鍋に戻して、茹でた高黍を入れて暖め、塩胡椒で味調整。


pumpkinredsorghumsoup2.jpg


ガーニッシュ用に取っておいたかぼちゃをサイコロ状にカット。
スープを器に盛ったら、サイコロ状のかぼちゃを入れ、タイムの葉をガーニッシュにして出来上がり。

よく煮た高黍は柔らかく、かぼちゃスープにアクセントを加えてくれるプチプチした歯ごたえ。
栄養価も高まります。
冷やしても美味しい夏のかぼちゃスープ。
日本のかぼちゃ、甘くて美味しいですね、どうもありがとう。
| スープ(温) | COM(-) | TB(-) |