12345678910111213141516171819202122232425262728
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2017-12-05 (Tue)
hasselbackpears1.jpg
Hasselback Cinnamon Baked Pears


ハッセルバック料理といえば普通ジャガイモですが、これは洋梨を使ったデザート。
ハッセルバック洋梨のオーブン焼き。

オーブンを400℉(204℃)に暖めておく。

洋梨は半分に切って、メロンボーラーでタネ部分を取り出す。
背中に細くカットを入れる。両はしに箸を置いて最後まで切り落とさずに切る。


hasselbackpears2.jpg


細かくカットした内側部分に入るように、シナモンパウダーと、ジンジャーパウダー、カルダモンパウダー(少々)をかける。
耐熱容器にカットした面を下に入れる。
上からオリーブオイルと蜂蜜をかける。ピンクソルトを少々。最後にパラパラっとブラウンシュガー。

赤の種無しブドウとローズマリーを入れて、アルミホイルをかぶせる。
オーブンに入れて25分焼く。


hasselbackpears3.jpg


焼きあがったら、ピスタチオナッツを砕いてふりかける。


hasselbackpears4.jpg


ホイップした生クリーム(またはバニラアイスクリーム)を添えて出来上がり。

ローズマリーが随分と育ってしまったので一緒に入れたらとてもいい香り。いい相性でした。
洋梨はオーブン焼きすると柔らかくなるので、まだ熟れていない硬めのもので。
焼いてしまうと茶色くなって本当にジャガイモみたい(笑) 実は洋梨なんですよー。
ブドウの代わりにクランベリーやレーズンでも美味しいです。

「今日のビンテージ食器」
丸いキャセロールは、ファイヤーキングのメドウグリーン(デザイン)・キャセロールの円型。
1960〜70年代製造。
スポンサーサイト
| デザート/スイーツ | COM(-) | TB(-) |
2017-11-29 (Wed)
miniroseapplepie1.jpg
Mini Apple Rose Pies


サンクスギビング、クリスマス。。。。アメリカはホリデーシーズン真っ只中。
この時期に必ず登場のアップルパイですが、今年はミニアップルパイを。


miniroseapplepie2.jpg


りんごは皮付きのまま薄切りにして、シナモンパウダーを軽くふってレンジで柔らかくしておく。

解凍した冷凍のフィロシートを広げ、1枚ずつ溶かしバター、グラニュー糖をふり。。。を繰り返し、10枚くらい重ねる。
縦長数センチはばにカットする。


miniroseapplepie3.jpg


重ねてカットしたフィロシートに、柔らかくしたりんごの端を少し重ね合わせるようにして、10枚くらい並べる。
フィロシートの片方の端は3cmくらい残しておく。
りんごを置いたシートを端から丸め、最後空いているシートにバターを塗ってしっかりとくっつける。
りんごを花びらのように、外側に開く。
最後にパラパラとグラニュー糖をふりかける。

375 º F (190 º C) に暖めておいたオーブンで、30分くらい焼く。


miniroseapplepie4.jpg


パリッとしたフィロシートパイに、柔らかくて甘いりんご。とても軽いアップルパイ。
赤いりんごの皮の色が実に綺麗にしみて、本当にバラの花のよう。
パクパクっと手で食べられるので、パーティや手土産にオススメです。

「今日のビンテージ食器」
オーバル型のお皿は、ファイヤーキングのスワール、オーバルプラッターのアイボリー。ミルクグラス。

丸いお皿はMacBeth Evans社のPetalware-Monaxランチプレート。
Petalwareというのは、お皿の周りは花びら(petal)のようだから。
大恐慌時代に作られたディプレッショングラス。
1930年〜1950年製造。

コーヒーカップは、ヘイゼルアトラスのミルクグラスのカップ&ソーサー。
1950〜60年代製造。
1940年〜1950年代初期製造。
| デザート/スイーツ | COM(-) | TB(-) |
2017-11-13 (Mon)
nutsweetpotatomontblanc1.jpg
Sweet Potato Mont Blanc Cakes

栗クリームではなく、日本のさつまいもクリームのモンブラン。

モンブラン4個分の分量で。
まずは栗の甘露煮を数日前に作っておく。
栗12個を一晩水につけておく。
翌日、柔らかくなった外の皮を剥がし、中の渋皮も包丁で剥く。
栗の分量と同じ量の水と砂糖を鍋に入れて火をかけて砂糖を溶かす。栗を加え、中火で25分くらい煮る。
トロッとしてきたら鍋からおろし、冷ましてから煮沸した瓶に入れて冷蔵庫で保存しておく。数日間、味を染み込ませる。


nutsweetpotatomontblanc2.jpg


モンブランの土台となる、サブレブルトン(sable breton)を作る。
パウダーシュガー(大4)とバター(常温、大4)を泡立て器でクリーミーになるまで混ぜ合わせる。
溶いた卵黄(2個)、バニラエッセンス(小1/2)を加えてさらに混ぜる。
合わせておいた小麦粉(大7)とベーキングパウダー(小1)を加えて、手でこねる。
生地にラップして、1時間以上寝かせる。

生地を寝かせている間に、さつまいもクリームを作る。
さつまいも(中3個)を蒸す。柔らかくなったさつまいもをブレンダーでバター(大1)を加えてピューレにする。ピューレにしたものを一度濾す。
生クリームに砂糖を加えながら、ツノが立つまで泡立てる。
ホイップクリーム(1/2カップ)とピューレにしたさつまいもをムラがないようにヘラで合わせる。

残りのホイップクリームは取っておく。


nutsweetpotatomontblanc3.jpg


オーブンを350℉(175℃)に暖める。
寝かせておいた生地をのし棒で伸ばし、直径8cmくらいの円形、厚さ1cmの型で4つサブレブルトンを作る。
オーブンで15分焼く。

冷ましたサブレブルトンの中央に栗の甘露煮を2個乗せて、栗を隠すようにホイップクリームを山型に盛る。
できればこの状態で一度冷蔵庫で数時間冷やすと、サブレブルトンがしっとりとする。

ホイップクリームの山の上に、さつまいもクリームをチューブでぐるぐると巻いていく。
てっぺんに栗の甘露煮一つを乗せて出来上がり。


nutsweetpotatomontblanc4.jpg


ホイップクリームを乗せて冷蔵庫で寝かせたサブレブルトンは、クッキーというよりもケーキのようにしっとりとして美味しい。
甘露煮、サブレブルトン、ホイップクリーム、さつまいもクリームと、それぞれに手間のかかるケーキだけど、手がかかるだけ美味しい。
日本では秋に人気のモンブラン。栗を食べないアメリカではモンブランケーキがない。モンブラン好きとしては寂しい。
チャイナタウンで日本のさつまいもと栗をゲットして作りました。
栗、久々に食べたなあ。

本当は、栗クリームでやりたいところ。でもさらに時間がかかるのよね。。。
でもさつまいもが好きな私としては、この芋栗モンブランで十分満足なのであります。

秋にやっぱり食べたい味。

「今日のビンテージ食器」
お皿は、コーニング社コレールブランドのバタフライゴールドのケーキ(パン)皿。
1970〜90年代製造。

コーヒーカップはオールドパイレックスのミルクグラス。バタフライゴールド・カップ。
1960〜1970年代製造。

ソーサーは、コレールの同じくバタフライゴールドパターン。
1970年代製造。

オーバル型のお皿は、ファイヤーキングのスワール、オーバルプラッターのアイボリー。
1940年〜1950年代初期製造。
| デザート/スイーツ | COM(-) | TB(-) |
2017-11-03 (Fri)
redbeanpastedonuts1.jpg
Japanese Sweet Red Bean Paste Donut Holes


日本のあんドーナツ。
アメリカにはありません。あんこ食べたい病がしばらく続いており、無けりゃ自分で作るしかない!いちご大福、お団子、おはぎ。。。。今年はいろんな自作和菓子を作ってきましたが、今度はあんドーナツ。

生地は、小麦粉(1カップ)、卵(1個)、砂糖(大1)、バター(大1。溶かしたもの)を混ぜ合わせ、牛乳を少しずつ加えて練っていく。
ベタベタせずに、まとまるくらいまで牛乳を調整しながら練る。


redbeanpastedonuts2.jpg

こしあん(市販のもの使用)は丸くお団子状にしておく。
丸く平たくした生地の上にあんこを乗せて、包んでボールにする。

160℃に熱した油できつね色になるまで揚げる。
揚がったらペーパーに取り出し、暖かいうちにグラニュー糖をまぶして出来上がり。
暖かいうちも、冷めても美味しいあんドーナツ。

年に1度くらいなんだかすごくあんドーナツを食べたくなる時がある。すごいカロリーなのだが、おそらく体があんドーナツを欲している時って、体重が落ちているときかもしれない。体は自然に必要なときに糖分を欲する。あんドーナツ最強。
オーブンで焼いた方が油を使わずにヘルシーではあるが、あんドーナツは油で揚げた方が好きです。
疲れた時にあんドーナツ。運動の後に後にあんドーナツ。牛乳と合いますね♫

「今日のビンテージ食器」
お皿は、リムにゴールドが施された、ファイヤーキングスワールシリーズのゴールドリム、アニバーサリーのカップ&ソーサーのソーサー。ゴールドは22K。
1950年代中期〜1950年代後期製造。
| デザート/スイーツ | COM(-) | TB(-) |
2017-10-27 (Fri)
pumpkintofucake3.jpg
Pumpkin Tofu Cake

カボチャ豆腐ケーキ。
一見カボチャのチーズケーキに見えますが、チーズの代わりに豆腐でさっぱりヘルシーなケーキに。
もうすぐハロウィンということでパンプキンですが、アメリカのパンプキンより日本のかぼちゃの方が美味しいので、皮が緑の日本かぼちゃ使用。

22cmの丸型。
グラハムクッキーをフードプロセッサーで細かくする。バター(大1)、シナモンパウダー(小1)、ハチミツ(大2)を加え、しっとりするまで混ぜる。
細かくしたグラハムクッキーを、型(22cm型使用)のそこに敷いて、スプーンの裏で平らに強く押す。
冷蔵庫で型の生地を冷やしておく。


pumpkintofucake1.jpg


かぼちゃ(中1個)は4つ切りにして種を取り、皮ごとアルミホイルで包む。
400℉(200℃)に暖めたオーブンで約40分、柔らかくなるまでローストする。

柔らかくなったら少し冷まして皮を剥がす。
4分の1を残し、残りの4分の3のかぼちゃ、木綿豆腐(300g)、牛乳(大3)をフープロに入れてマッシュする。
途中でハチミツを大さじ1杯ずつ入れて甘さを調整。ハチミツの量はお好みとかぼちゃの甘さで変えてください。
シナモンパウダーを少々入れてさらに塊がなくなるまでマッシュ。

残しておいた4分の1のかぼちゃは、スライスする。
冷蔵庫で冷やした型の上に、マッシュしたかぼちゃ豆腐を4分の1入れて平らにする。
その上に、かぼちゃのスライスをひきつめる。
その上に残りのマッシュしたかぼちゃ豆腐を入れる。
トントンと型を数回落として空気を抜く。

350℉(175℃)に暖めておいたオーブンで35分焼く。
焼けたら祖熱を取り、冷蔵庫で3時間以上冷やす。

食べる前にかぼちゃスライスで飾って出来上がり。


pumpkintofucake2.jpg


パンプキンチーズケーキも好きなのですが、なんとなくサッパリしたものが食べたくなりお豆腐で。
食感はチーズっぽいし、チーズケーキよりもずっと軽い。かぼちゃの自然の甘みがこれまたグー。
日本のかぼちゃのホクホク感が好きなので、全部マッシュせずにスライスを底に敷きました。本当はもっと塊を入れちゃう方が好きでありますが、そこはお好みで。

芋栗南京が美味しい秋でございます。

「今日のビンテージ食器」
コーヒーカップ&ソーサーは、ヘーゼルアトラスのリップル・カップ&ソーサー。
1950年代製造。
| デザート/スイーツ | COM(-) | TB(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。