123456789101112131415161718192021222324252627282930
2017-11-20 (Mon)
couscouslemontilapia1.jpg
Lemon Tilapia with Couscous

レモン風味のティラピア(白身魚)とクスクス。

鍋にクスクス(1/2カップ)、赤レンズ豆(大2)、レッドキヌア(適宜)、バター(適宜)、ピンクソルト(少々)と水(1&1/2カップ)を入れ、沸騰したら火を弱め5分煮る。火を消して蓋をしたまま15分蒸らしておく。
蒸らしたらかき混ぜておく。

暖めたオーブンでオリーブオイルに塩胡椒したアスパラガスをグリルする。

ティラピアに塩胡椒、オールスパイスをかけておく。
フライパンで両面焼き、白ワインを入れて蓋をして蒸す。


couscouslemontilapia2.jpg


魚を取り出したフライパンで、バターで玉ねぎを炒める。火が通ったらレモン汁を加え、ケッパー(ケイパー)を加えて炒める。

お皿にクスクスを盛り、その上にティラピアを乗せる。
その上からレモンと玉ねぎ&ケッパーをかけて出来上がり。

お米よりも軽いクスクス。赤レンズ豆とレッドキアヌを混ぜて色とりどりに。
レモンバターの白身魚とよく合います。

「今日のビンテージ食器」
水のグラスは、リビー(Libbey)社のカントリーガーデン(Country Garden)と呼ばれるデザインのタンブラー。
デイジーの花がモチーフなので、通称デイジーグラスとも。アンバー色がなんともレトロ。
1970年代製造。
スポンサーサイト
| メイン&サイドディッシュ/エスニック料理 | COM(-) | TB(-) |
2017-11-13 (Mon)
nutsweetpotatomontblanc1.jpg
Sweet Potato Mont Blanc Cakes

栗クリームではなく、日本のさつまいもクリームのモンブラン。

モンブラン4個分の分量で。
まずは栗の甘露煮を数日前に作っておく。
栗12個を一晩水につけておく。
翌日、柔らかくなった外の皮を剥がし、中の渋皮も包丁で剥く。
栗の分量と同じ量の水と砂糖を鍋に入れて火をかけて砂糖を溶かす。栗を加え、中火で25分くらい煮る。
トロッとしてきたら鍋からおろし、冷ましてから煮沸した瓶に入れて冷蔵庫で保存しておく。数日間、味を染み込ませる。


nutsweetpotatomontblanc2.jpg


モンブランの土台となる、サブレブルトン(sable breton)を作る。
パウダーシュガー(大4)とバター(常温、大4)を泡立て器でクリーミーになるまで混ぜ合わせる。
溶いた卵黄(2個)、バニラエッセンス(小1/2)を加えてさらに混ぜる。
合わせておいた小麦粉(大7)とベーキングパウダー(小1)を加えて、手でこねる。
生地にラップして、1時間以上寝かせる。

生地を寝かせている間に、さつまいもクリームを作る。
さつまいも(中3個)を蒸す。柔らかくなったさつまいもをブレンダーでバター(大1)を加えてピューレにする。ピューレにしたものを一度濾す。
生クリームに砂糖を加えながら、ツノが立つまで泡立てる。
ホイップクリーム(1/2カップ)とピューレにしたさつまいもをムラがないようにヘラで合わせる。

残りのホイップクリームは取っておく。


nutsweetpotatomontblanc3.jpg


オーブンを350℉(175℃)に暖める。
寝かせておいた生地をのし棒で伸ばし、直径8cmくらいの円形、厚さ1cmの型で4つサブレブルトンを作る。
オーブンで15分焼く。

冷ましたサブレブルトンの中央に栗の甘露煮を2個乗せて、栗を隠すようにホイップクリームを山型に盛る。
できればこの状態で一度冷蔵庫で数時間冷やすと、サブレブルトンがしっとりとする。

ホイップクリームの山の上に、さつまいもクリームをチューブでぐるぐると巻いていく。
てっぺんに栗の甘露煮一つを乗せて出来上がり。


nutsweetpotatomontblanc4.jpg


ホイップクリームを乗せて冷蔵庫で寝かせたサブレブルトンは、クッキーというよりもケーキのようにしっとりとして美味しい。
甘露煮、サブレブルトン、ホイップクリーム、さつまいもクリームと、それぞれに手間のかかるケーキだけど、手がかかるだけ美味しい。
日本では秋に人気のモンブラン。栗を食べないアメリカではモンブランケーキがない。モンブラン好きとしては寂しい。
チャイナタウンで日本のさつまいもと栗をゲットして作りました。
栗、久々に食べたなあ。

本当は、栗クリームでやりたいところ。でもさらに時間がかかるのよね。。。
でもさつまいもが好きな私としては、この芋栗モンブランで十分満足なのであります。

秋にやっぱり食べたい味。

「今日のビンテージ食器」
お皿は、コーニング社コレールブランドのバタフライゴールドのケーキ(パン)皿。
1970〜90年代製造。

コーヒーカップはオールドパイレックスのミルクグラス。バタフライゴールド・カップ。
1960〜1970年代製造。

ソーサーは、コレールの同じくバタフライゴールドパターン。
1970年代製造。

オーバル型のお皿は、ファイヤーキングのスワール、オーバルプラッターのアイボリー。
1940年〜1950年代初期製造。
| デザート/スイーツ | COM(-) | TB(-) |
2017-11-09 (Thu)
chickencreamstew1.jpg
Cream Stew with Chicken and Broccoli

このクリームシチューなるもの、とても美味しいのになぜかアメリカにはないんですねー。
日本の洋食の一つのクリームシチューです。鶏肉とブロッコリ入り。

鶏肉はカットして塩胡椒しておく。
鍋にオリーブオイルで鶏肉を炒め、玉ねぎ、ニンニクを加える。
玉ねぎが透明になったら、人参とジャガイモを加える。

水(3カップ)をブイヨンを入れて、野菜が柔らかくなるまで煮込む。

別の鍋でホワイトクリームを作る。
弱火でバター(大2)を溶かし、小麦粉(大2)を加えて混ぜ合わせる。
グツグツしてきたら牛乳(1カップ)を加えてとろっとなるまで混ぜる。
塩胡椒で味調整。


chickencreamstew2.jpg


火の通った野菜の鍋に、ホワイトクリームを加える。
混ぜたらブロッコリを入れて、5分ほど煮る。

ブロッコリが柔らかくなったら出来上がり。

シカゴは10月末にすでに氷点下になった。朝、寒いのなんのって。
もうシチューの季節ですよ。
クリームシチュー、すごく懐かしくなって作ってみました。体が温まります。
シカゴでも、冬の定番料理にしたいと思います。

「今日のビンテージ食器」
パン皿は、コーニング社コレールブランドのバタフライゴールドのケーキ(パン)皿。
1970〜90年代製造。

水のグラスはアンカーホッキングのリド・ミラノのアンバータンブラー。
1970年代製造。
| メイン&サイドディッシュ/エスニック料理 | COM(-) | TB(-) |
2017-11-03 (Fri)
redbeanpastedonuts1.jpg
Japanese Sweet Red Bean Paste Donut Holes


日本のあんドーナツ。
アメリカにはありません。あんこ食べたい病がしばらく続いており、無けりゃ自分で作るしかない!いちご大福、お団子、おはぎ。。。。今年はいろんな自作和菓子を作ってきましたが、今度はあんドーナツ。

生地は、小麦粉(1カップ)、卵(1個)、砂糖(大1)、バター(大1。溶かしたもの)を混ぜ合わせ、牛乳を少しずつ加えて練っていく。
ベタベタせずに、まとまるくらいまで牛乳を調整しながら練る。


redbeanpastedonuts2.jpg

こしあん(市販のもの使用)は丸くお団子状にしておく。
丸く平たくした生地の上にあんこを乗せて、包んでボールにする。

160℃に熱した油できつね色になるまで揚げる。
揚がったらペーパーに取り出し、暖かいうちにグラニュー糖をまぶして出来上がり。
暖かいうちも、冷めても美味しいあんドーナツ。

年に1度くらいなんだかすごくあんドーナツを食べたくなる時がある。すごいカロリーなのだが、おそらく体があんドーナツを欲している時って、体重が落ちているときかもしれない。体は自然に必要なときに糖分を欲する。あんドーナツ最強。
オーブンで焼いた方が油を使わずにヘルシーではあるが、あんドーナツは油で揚げた方が好きです。
疲れた時にあんドーナツ。運動の後に後にあんドーナツ。牛乳と合いますね♫

「今日のビンテージ食器」
お皿は、リムにゴールドが施された、ファイヤーキングスワールシリーズのゴールドリム、アニバーサリーのカップ&ソーサーのソーサー。ゴールドは22K。
1950年代中期〜1950年代後期製造。
| デザート/スイーツ | COM(-) | TB(-) |
2017-10-30 (Mon)
applepearcheesesalad1.jpg
Apple Pear Salad

リンゴと洋梨とチーズのレイヤードサラダ。


赤いリンゴと緑の洋梨。
2つとも同じくらいの大きさのものを選ぶ。
薄く輪切りにし、レモン汁につけておく。

スイスチーズは正方形に切る。


applepearcheesesalad3.jpg


リンゴ、洋梨、チーズの順に重ねていく。
砕いたピスタチオナッツをふりかける。ルッコラを飾る。
ドレッシング(ハチミツ、レモン汁、アップルビネガーを混ぜたもの)をかけて出来上がり。

可愛らしい立体サラダです♫

「今日のビンテージ食器」
お皿はMacBeth Evans社のPetalware-Monaxランチプレート。
Petalwareというのは、お皿の周りは花びら(petal)のようだから。
大恐慌時代に作られたディプレッショングラス。
1930年〜1950年製造。
| サラダ | COM(-) | TB(-) |